木田元 きた もりお

学術

掲載時肩書哲学者
掲載期間2010/09/01〜2010/09/30
出身地新潟県
生年月日1928/09/07
掲載回数
執筆時年齢82 歳
最終学歴
東北大学
学歴その他江田島
入社代用教員
配偶者下宿孫娘
主な仕事ドストスキー、複数外国語、ハイデ33年後「存在と時間」、中大講師・教授、
恩師斎藤真治
人脈古田惇二、独訳17、仏訳26、英訳3、名編集者の存在、坂下裕明、
備考父新庄市長
追悼

氏は’14年8月16日に85歳で亡くなった。登場したのが2010年9月の82歳だから、3年後となる。教育者、科学者は60名ほど登場しているが、哲学者は彼だけであった。

彼は幼少の頃、やんちゃ坊主で幼稚園を2回も追放された。海軍兵学校で終戦。17歳で路上生活者となる。闇商売で食いつなぎ、やっと農業の学校に入っても先が見えない。どうすれば不安と絶望から逃れられるか。小説でも救われずに悩んでいたとき、独哲学者ハイディガーの「存在と時間」に出遭う。原著を読めば、生きる道筋が見える。その一心で独学し、東北大哲学科に入る。

33年後に「存在と時間」の本質が理解できたので「ハイディガー」を書き上げた。これを契機に次々と「ハイディガーの思想」や「ハイディガーの【存在と時間】の構築」などを書いている。新聞の追悼文には、20世紀を代表する哲学者で、難解とされていたハイディガーを独自の視点を交えながら読み解き、分かりやすく紹介した人物とあった。

木田 元
(きだ げん)
生誕 (1928-09-07) 1928年9月7日
日本の旗 日本新潟県新潟市
死没 (2014-08-16) 2014年8月16日(85歳没)
千葉県船橋市
時代 20世紀の哲学
21世紀の哲学
地域 日本哲学
学派 大陸哲学現象学
研究分野 現象学形而上学存在論言語哲学哲学史
主な概念 反哲学
テンプレートを表示

木田 元(きだ げん、1928年9月7日 - 2014年8月16日[1])は、日本哲学者。専攻は現象学研究中央大学名誉教授[2]

モーリス・メルロー=ポンティ等の現代西洋哲学の主要な著作を、平易な日本語に翻訳した。マルティン・ハイデッガーエドムント・フッサールの研究でも知られる。

  1. ^ “木田元さんが85歳で死去 ハイデガー研究の第一人者”. ハフポスト. (2014年8月17日). https://www.huffingtonpost.jp/2014/08/17/kida-gen_n_5685319.html 2020年2月28日閲覧。 
  2. ^ 木田元(2014)『わたしの哲学入門』講談社学術文庫 著者欄より
[ 前のページに戻る ]