有馬頼底 ありま らいてい

宗教

掲載時肩書京都仏教会理事長
掲載期間2003/03/01〜2003/03/31
出身地東京都
生年月日1933/02/10
掲載回数
執筆時年齢70 歳
最終学歴
中学校
学歴その他岳林寺
入社金閣・銀閣 館長
配偶者
主な仕事3古泉(有馬、草津、道後)、有馬記念、臨済宗家復興、美術館創立、寺・音楽祭、
恩師森下大拙 大津攊堂
人脈天皇学友、臨済宗14家、妙心寺(山 田夢文)、稲盛和夫、雪舟、若冲、
備考久留米藩主
本来の表記は「有馬賴底」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

有馬 賴底(ありま らいてい、1933年2月10日[1]- )は、日本の禅僧。臨済宗相国寺派管長。初名は有馬永頼。道号及び現在の戸籍名は賴底。法諱は承黙。大龍窟とも号する。久留米藩有馬家赤松氏流)の子孫。東京市中野区出身。幼稚園時代は明仁上皇の学友であった[2]

  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ 産経新聞2011年2月17日
[ 前のページに戻る ]