時津風定次 ときつかぜ さだじ

スポーツ

掲載時肩書相撲協会理事長
掲載期間1960/01/23〜1960/02/09
出身地大分県
生年月日1912/02/09
掲載回数18 回
執筆時年齢48 歳
最終学歴
小学校
学歴その他
入社立浪
配偶者記載なし
主な仕事四股名「栴檀は双葉より芳し」から、2年8場所で十両、 関脇で全勝、大関2場所で横綱、双葉山道場
恩師
人脈一門(羽黒山、名寄岩)大八洲、安芸ノ海 、日蓮信仰、鏡里(弟子)
備考父:回漕業
論評

1912年2月9日 – 1968年12月16日)は、大分県生まれ。第35代横綱。5歳の時に吹き矢が自身の右目に直撃して負傷し、これが元で右目が半失明状態になった

1.新弟子の修行時代
新入りのとき、朝早く起きてけいこをする。兄弟子が起きる前に起きてけいこしておかなければ、けいこ時間がない。兄弟子が起きてけいこを始めるときは、急いで掃除や炊事である。けいこが終われば風呂へ行くが、風呂に行っても、関取の背中を流すことができるのは兄弟子で、それからずっと番付順に腕を洗ったり足をこすったりで、新弟子などは上がり湯を汲むぐらいのものだ。そして、朝食抜きでけいこが始まり、昼食が朝食を兼ねる。これも、番組の上から順に食べて新弟子は一番後から食べる。(この時点ではチャンコの具はほとんど、残っていなくごはんに汁を掛けて食べる)
 慣れない時に昼食が待ち遠しかったぐらいで、他の雑役を苦しいと思ったことはほとんどない。この雑役に比べれば、少年時代の船乗り生活の方がはるかに苦しかった。

2.十両昇進
力士の世界では十両になると関取と言われる。関取になると、今まで人に使われていた者が、逆に人を使うようになる。若い者が一人か二人ずつついて、身の回りの世話をしてくれる。境遇が一変するのだ。私はまだ20歳の若さで、そういう位置についたことをスピード昇進と思われたとすれば、それは誤りだ。私は2年8場所で十両になった。これは、千代の山、若乃花は2場所、鏡里は3場所、吉葉山や栃錦は4場所で十両になったのに比べればわかる。しかし、大関2場所で横綱になったのは速かったと言えるだろう。

3.69連勝のストップ
これは安芸ノ海(昭和14年1月の春場所4日目)の外掛けで敗れたものだ。立ち上がった瞬間に、あっという間もなくの外掛けだった。当時、敗因の弁解がましいことは潔しとしなかったので言わなかった。今にして言えば、前年夏場所の後、満州や北朝鮮に巡業と慰問したとき、アミーバ赤痢にかかった。軍の慰問を目的としていたので、衰弱しても各部隊の慰問は横綱一枚看板だったため、一日5回も6回も駆り出されて、へとへとになった。体重も33貫が27貫に減り、衰弱していた。

4.秘技:受けて立つ(後手の先)
私の場合は、向こうに応じて立つ、向こうが立てば立つ。しかし、立った瞬間には、あくまで機先を制している-そういう立ち方だ。つまり後手の先である。西部劇のピストルの果たし合いのようなもので、相手がピストルに手をかけるやいなや、自分のピストルを抜いている。あの状態である。立った瞬間には、自分の十分な体勢になっているのだ。

5.右目は失明に近い状態(引退後に打ち明ける)
6歳のとき友達といたずらをしているとき、右目を痛めた。相撲界に入り勝負に際して、できるだけ目に頼らぬように心掛け、右目の影響が自分の相撲に表れないよう工夫した。体で相手の動きを感じとり、体で相手のすきをつかむようにした。それゆえに、また人一倍修練を積んだつもりである。
つまり逆説的な表現をすれば、右目が悪かったから、私の相撲が強くなれたということになりそうである。

双葉山 定次Sumo pictogram.svg
Futabayama Sadaji.jpg
双葉山定次(1940年頃)
基礎情報
四股名 双葉山 定次
本名 龝吉 定次
愛称 不世出の横綱
相撲の神様
昭和の角聖
立浪三羽烏
無敵
うっちゃり双葉
協会の知恵袋
古今十傑
大鉄傘下の花形力士二人
生年月日 1912年2月9日[1]
没年月日 (1968-12-16) 1968年12月16日(56歳没)
出身 日本の旗 日本大分県宇佐郡天津村布津部
身長 180cm
体重 135kg
BMI 41.67
所属部屋 立浪部屋
双葉山相撲道場
得意技 右四つ、寄り、上手投げ、うっちゃり
成績
現在の番付 引退
最高位 第35代横綱
生涯戦歴 348勝116敗1分33休(51場所)
幕内戦歴 276勝68敗1分33休(31場所)
優勝 幕内最高優勝12回
データ
初土俵 1927年3月場所[1]
入幕 1932年2月場所[1]
引退 1945年11月場所[1]
引退後 第3代日本相撲協会理事長
趣味 写真[2]
備考
金星1個(武藏山武
2015年9月7日現在

双葉山 定次[3](ふたばやま さだじ、1912年2月9日 - 1968年12月16日)は、大分県宇佐郡天津村布津部(現:大分県宇佐市下庄)出身の元大相撲力士。第35代横綱。本名は龝吉 定次(あきよし さだじ)[1]

  1. ^ a b c d e 『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p22
  2. ^ 『相撲』2012年8月号83頁の記事では、当時を知る写真館の店主である工藤明が「双葉山関も写真が大好きで、ウチへはそれこそありとあらゆる写真を撮りに来て下さった。」と証言している。
  3. ^ 「双」は「雙」の略字だが、番付では初土俵のときの誤記とおぼしき「二葉山」以外は全て「双葉山」と表記されていた。
[ 前のページに戻る ]