徳川義親 とくがわ よしちか

学術

掲載時肩書徳川林政史研究所長
掲載期間1963/12/07〜1963/12/31
出身地東京都
生年月日1886/10/05
掲載回数25 回
執筆時年齢77 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他学習院
入社
配偶者義父の 長女
主な仕事源氏物語絵巻発見、北海道開墾、熊、 虎、象狩り、辞爵届、社会党結成資金
恩師
人脈井上馨、岡本一平
備考松平春嶽 息子
本来の表記は「德川義親」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
徳川義親
義親
床の虎は彼が狩った虎で「虎狩りの殿様」の由来となった[要出典]
人物情報
別名 投出しの尾張侯、熊狩りの殿様、虎狩りの殿様、最後の殿様
生誕 松平錦之丞
(1886-10-05) 1886年10月5日
日本の旗 日本東京府小石川区
越前松平家
死没 (1976-09-06) 1976年9月6日(89歳没)
日本の旗 日本愛知県
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学
配偶者 徳川米子
両親 父:松平春嶽、母:糟屋婦志子
子供 義知、絹子、春子、義龍、百合
学問
研究分野 植物学、林業史、美術史
研究機関 徳川生物学研究所徳川林政史研究所
テンプレートを表示

徳川 義親(とくがわ よしちか/ぎしん、1886年10月5日 - 1976年9月6日)は、尾張徳川家第19代当主、政治家植物学者、狩猟家。戦前の侯爵貴族院議員で、第25軍軍政顧問[1]。戦後は社会党を支援して党顧問となるが、公職追放を受けた[1]。日ソ交流協会会長[1]。戦前マレー半島狩りをしたことから虎狩りの殿様として親しまれた[1]。自伝に『最後の殿様』がある[1]

  1. ^ a b c d e 20世紀日本人名事典. “徳川 義親” (日本語). コトバンク. 2020年7月10日閲覧。
[ 前のページに戻る ]