後藤田正晴 ごとうだ まさはる

政治

掲載時肩書衆議院議員
掲載期間1991/01/01〜1991/01/31
出身地徳島県
生年月日1914/08/09
掲載回数30 回
執筆時年齢77 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他水戸
入社内務省
配偶者徳島商 工会頭娘
主な仕事台湾、警視庁、長官(浅間、よど号、三島事件)
恩師田中角栄
人脈海原治(同期)、町村金吾、増原恵吉(警察長官)、小林与三次(次官)、奥野誠亮(財政局長)
備考代々庄屋
論評

1914年8月9日 – 2005年9月19日)は、日本の内務・建設・警察・防衛・自治官僚、政治家。 政界人としては遅咲きながらも、自由民主党の重鎮・御意見番として国政を支えた。その辣腕ぶりから「カミソリ後藤田」の異名を取った。

1.結婚―本土決戦覚悟、式を急ぐ
昭和20年(1945)3月20日、私は吉見勢之助(徳島商工会議所会頭)の養女・松子と結婚した。台北から飛行機で危機一髪の東京出張をしたとき、わずかの合間に、徳島で式を挙げたのである。あの頃の日本軍の勢いだと、途中でギブアップするとは思えず、本土決戦まで突っ込むなと思っていた。 このままでは必ず本土決戦になる。そうなったら軍人も民間人もない。みんな終わりだ。私たちが、ここまで来たら「死なばもろとも」と考え、相手方の親族もそのように考えてくれたので、急遽結婚式を挙げたのである。
 しかし、結局は本土決戦にならずポツダム宣言を受諾したわけであるが、こういうことは運命的なことである。もし、米軍が台湾に上陸したら、われわれは生きて帰れなかったし、本土決戦にでもなれば、なおさらのことである。

2.警察予備隊・・・専守防衛
GHQは朝鮮戦争が勃発すると、7万5千人の警察予備隊を早急に作れという指令を出した。昭和25年8月、私は警察予備隊本部の警備課長兼調査課長の辞令受けて、増原恵吉長官、石井栄三局長の下で、その創設に当たることになった。
 警察予備隊創設に米軍の中にも2つの考え方があったようだ。旧日本陸軍の大佐以下の優秀な幹部数十人をつくるべしという議論と、それでは日本の軍国主義の復活につながるから、全く異質の人材を幹部にしてつくるべしという2つの流れがあったと聞いている。
 結局、旧軍の幹部は排除するといことになって、どちらかというと旧内務省、ことに警察畑の人、ただし特高関係者を除いた人たちを中心に警察予備隊をつくることになった。

3.警察長官時代・・・大事件が続発
私が警察庁長官になったのは昭和44年((1969)8月である。役人としての総仕上げの時として心を新たにして臨んだのだが、在任期間はまさに疾風怒涛の時代だった。
 赤軍派「よど号」乗っ取り事件、瀬戸内海でのシージャック事件、三島由紀夫の割腹自殺、成田空港建設反対闘争の激化、沖縄青年の皇居乱入事件など、大きな擾乱事件が相次ぎ、今から考えるとよくぞ乗り切ってこれたものだと思う。
 これに止まらず、昭和46年の12月にはご夫人までが犠牲になった土田警視庁部長宅襲撃事件、翌年の2月に連合赤軍浅間山荘事件、5月には日本赤軍テルアビブ・ロッド空港乱射事件と重大事件が相次いだ。浅間山荘事件では、慎重を期したにもかかわらず一般人一人が死に、警官二人が殉職した。
 2年11か月の長官在任期間の警察官の殉職者は数人、負傷者は数千人に上がっている。この数字が擾乱事件の多かったことの証拠である。

4.田中角栄氏への詫び・・・「履歴書」の最後に
最後に、私の政治生活を顧みて、一番お世話になったのは田中さんであり、今日あるのも田中さんのおかげである。その田中さんが退陣、裁判、病気とお気の毒な境涯にあり、何らお返しのできないまま今日に至っている。それが私の負い目である。

追悼

両氏が相次いで亡くなった。後藤田氏は91歳、中内氏は83歳であった。両氏とも政界、財界を風靡した風雲児で、日経の「私の履歴書」に掲載された人でもあった。後藤田氏は1991年1月に、中内氏は2000年1月に掲載された。後藤田氏のそれは中曽根氏の1992年1月、福田赳夫氏の1993年1月よりも早い掲載でした。

後藤田氏は最後の内務官僚として入省し、警察庁長官や内閣官房副長官(事務次官全体の責任者)として官僚機構と国家情報の全てを掌握し、政界に進出したのですからその実力は他の政治家よりも卓越したものでした。氏は日経の「履歴書」の中で「官と政」の違いを語り、「官僚」は省益中心ではなく国家全体を、「政治家」は官僚を見習い勉強して、有能者を登用して守ってやらねばならないとその心構えを述べていました。

中内氏は「生産者が価格を決めるのではなく、消費者が価格を決める」として流通革命を引き起こしました。「現在価格を1/2以下にして消費者物価を引き下げる」と豪語して実行していきました。流通業からリクルート、プロ野球、ホテル業など多角化路線で一大コングロマリットを築き上げましたが、過大投資のためバブル崩壊とともに全ての事業から引退しました。「履歴書」の最後に「消費者の心理が読めなくなった。若者たちがどうして携帯電話に毎月1万円もの情報料を払うのだろう」と。

後藤田 正晴
ごとうだ まさはる
Minister of Jastice, Masaharu Gotōda.png
1992年、宮沢改造内閣で法務大臣に就任した頃の後藤田
生年月日 1914年8月9日
出生地 日本の旗 日本 徳島県吉野川市
没年月日 (2005-09-19) 2005年9月19日(91歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京都文京区順天堂大学医学部附属順天堂医院[1]
出身校 東京帝国大学法学部政治学科卒業
所属政党 自由民主党
称号 陸軍主計大尉
正三位
勲一等旭日大綬章
法学士
親族 父・後藤田増三郎
兄・後藤田耕平
甥・井上普方
大甥・後藤田正純

内閣 宮澤改造内閣
在任期間 1993年4月8日 - 1993年8月9日

日本の旗 第55代 法務大臣
内閣 宮澤改造内閣
在任期間 1992年12月12日 - 1993年8月9日

日本の旗 第47-48代 内閣官房長官
内閣 第2次中曽根第2次改造内閣
第3次中曽根内閣
在任期間 1985年12月28日 - 1987年11月6日

内閣 第2次中曽根内閣
第2次中曽根第1次改造内閣
在任期間 1984年7月1日 - 1985年12月28日

日本の旗 第45代 内閣官房長官
内閣 第1次中曽根内閣
在任期間 1982年11月27日 - 1983年12月27日

その他の職歴
日本の旗 第47代 行政管理庁長官
第2次中曽根内閣

(1983年12月27日 - 1984年6月30日
日本の旗 第27代 自治大臣
第37代 国家公安委員会委員長
第42代 北海道開発庁長官
第2次大平内閣

1979年11月9日 - 1980年7月17日
日本の旗 衆議院議員
1976年12月10日 - 1996年9月27日
日本の旗 第6代 警察庁長官
1969年8月12日 - 1972年6月24日
テンプレートを表示

後藤田 正晴(ごとうだ まさはる、1914年8月9日 - 2005年9月19日)は、日本の内務建設警察防衛自治官僚、政治家。

  1. ^ “後藤田正晴氏が死去 91歳、元副総理「カミソリ」の異名”. 徳島新聞. (2005年9月21日). オリジナルの2005年11月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20051111082311/http://www.topics.or.jp/News/news2005092110.html 2020年1月15日閲覧。 
[ 前のページに戻る ]