平松守彦 ひらまつ もりひこ

行政・司法

掲載時肩書大分県知事
掲載期間1992/06/01〜1992/06/30
出身地大分県
生年月日1924/03/12
掲載回数
執筆時年齢68 歳
最終学歴
九州大学
学歴その他五高 東京大学
入社商工→ 通産省
配偶者大分 市長娘
主な仕事工業用水、工業立地、情報処理振興、 国土庁、一村一品、テクノポリス、地域連合
恩師佐橋滋
人脈椎名武雄、野田一夫・吉村益次・ 御手洗毅・三重野康(大分)、
備考一身に2生 クリスチャン
追悼

氏は’16年8月21日92歳で亡くなった。この「履歴書」に登場は92年6月で68歳のときであった。この「履歴書」に登場した地方自治のトップ(公選の知事等)は、屋良朝苗(沖縄)、安井誠一郎(東京)、町村金吾(北海道)、鈴木俊一(東京)、宮崎辰雄(神戸)、畑 和(埼玉)、土屋和彦(埼玉)と平松の8名であった。

49年商工省(現経済産業省)に入省し、旧国土庁官房審議官を経て、79年4月の知事選で当選。知事就任の当初から1村1品運動を提唱する。各市町村単位で独自の特産品を作る取り組みで、関サバ、関アジ、カボス、シイタケなど全国に通用するブランドを育てた。この村おこし、町づくり運動はアジアや欧米などにも広がり、95年には「アジアのノーベル賞」と言われるマグサイサイ賞を受賞した。

通産省時代、コンピュータの自由化時代に官民でガリバー企業IBMに対抗主導したのが平松氏だった。当時の国内メーカーにはIBMに単独で対抗できる体力がなく、電電公社と国内メーカー6社を3社に再編して官民で対抗することにした。それには民間には補助金を出す必要があるため、田中角栄通産大臣にこの構想を説明し、大臣から大蔵省相沢英之主計局長に直談判で許可をもらう。そして日立と富士通、東芝と日本電気、三菱電機と沖電気が手を組み業界を3つに再編し、電電公社との連携で危機を乗り切った。欧州と異なり日本にIBMに対抗できる企業が育ったのは、こうした官民の共同作業が順調に進んだためだと述懐していた。

平松 守彦
ひらまつ もりひこ
生年月日 (1924-03-12) 1924年3月12日
出生地 大日本帝国の旗 大分県大分市
没年月日 (2016-08-21) 2016年8月21日(92歳没)
死没地 日本の旗 大分県大分市
出身校 東京大学法学部卒業
前職 国家公務員
商工省通商産業省
国土庁長官官房審議官
称号 従三位
旭日大綬章
法学士
マグサイサイ賞
公式サイト 平松守彦ホームページ

大分県の旗 公選第9-14代 大分県知事
当選回数 5回
在任期間 1979年 - 2003年4月27日
テンプレートを表示

平松 守彦(ひらまつ もりひこ、1924年3月12日 - 2016年8月21日[1])は、日本通産官僚、元大分県知事

一村一品運動」の提唱者として有名である。その他、関西大学政策創造学部客員教授や立命館アジア太平洋大学 アドバイサリー・コミッティ名誉委員などを務めた。座右の銘は「継続は力なり」。マグサイサイ賞受賞者。

  1. ^ “前大分県知事の平松守彦さん死去 「一村一品運動」提唱”. 朝日新聞. (2016年8月23日). http://www.asahi.com/articles/ASJ8Q7SQTJ8QTIPE02W.html 2016年8月23日閲覧。 
[ 前のページに戻る ]