岸信介 きし のぶすけ

政治

掲載時肩書元首相
掲載期間1959/01/01〜1959/01/16
出身地山口県
生年月日1896/11/13
掲載回数16 回
執筆時年齢63 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他一高
入社農商務
配偶者岸に養子、許嫁19歳
主な仕事10人兄弟姉妹の5番目、上杉慎教授から後継者要請うけ
恩師松岡松介叔父
人脈曾祖父(県令)伊藤博文・井上馨と親交、兄市郎、弟栄作、松岡洋右(叔父)、常の花(同級)、我妻栄(同級)、長の陸軍、薩の海軍
備考カモ,兎、鳥 、ウナギ獲り
論評

1896年〈明治29年〉11月13日 – 1987年〈昭和62年〉8月7日)は山口県生まれ。政治家、官僚。東京帝国大学卒業後、農商務省、商工省にて要職を歴任。建国されたばかりの満州国では国務院高官として満州産業開発五カ年計画を手がける。その後、日本の商工省に復帰し、次官に就任。東條内閣では商工大臣として入閣し、のちに無任所の国務大臣として軍需省の次官を兼任する。「昭和の妖怪」と呼ばれた。
「履歴書」では人生の生い立ちから社会に出るまでの思い出を16回で綴っている。

1.家業・・・「ひねり餅」が楽しみ
私の家業は酒造業であった。毎年暮れになると祝島から杜氏が一番手子を連れてきて仕込みが始まる。二番手子以下は近所の若い者を雇い入れた。約4か月ぐらいの間これらの元気の良い若者の歌う声が酒造の内外ににぎわったものである。
 私たち子供は、蒸しあがった麹米ができ上がるのが楽しみで、翌朝起きがけに杜氏たちの居間に出かけて、前夜にできたひねり餅を貰い焼いて食べた。この居間は囲炉裏を切って火がカンカンにおこっていた。このひねり餅は香ばしくてなかなか乙な味わいのするものであった。

2.戸外の楽しみ
春のわらびとり、夏のウナギ釣り、秋のマッタケ狩りと続いて冬のウサギ狩り爽快なものである。
 冬はメジロ、ホオジロなどの小鳥捕りのほか、本家の伯父に連れられて、ウサギやカモ猟に出かけた。
メジロはおとりを持ち、友鳥を呼ばして鳥かごのそばへ適当に鳥もちを張っておいて捕るのである。
ホオジロは縄で捕った。わなは稲穂をさげておき、これをつつくと、箕(み)が上からかぶさるようにしておく。雪の降った時など、雪のため田から餌を拾うことのできないホオジロは容易に引っかかるのである。
 小鳥とりと違ってウサギ狩りやカモ猟は骨が折れるが爽快である。ウサギ狩りは伯父のところの猟犬を連れて出た。ウサギのいそうな山へやって行き、ウサギの通りそうなところへウサギ網を張っておく。こうして犬を放してウサギを見つけさせるのである。猟犬がウサギを見つけると勢いよく吠え出すので、それっとばかり網の張番たちに警戒させる。ウサギが網に飛び込むと、くるくると網が体にまといつくようになっていて難なくとれる。
 また、カモ猟は「千本」というやり方で捕った。これは竹をハシのように削って3,4尺ぐらいの長さにし、それに鳥もちをつけ、カモの来る水田に無数に立てておくのである。羽ばたきも勇ましく飛んできたカモは、鳥もちの付いた竹ばしにくっつき、バタバタするほど多くの竹にくっつかれてつかまえられる。カモは月夜でない方が良い。月夜だと近くに隠れている人影が見えたり、千本が鳥を驚かして引っかかる寸前で逃げる危険があるからである。

3.結婚
大正8年(1919)すなわち大学卒業の前年11月3日の明治節に私は郷里で良子と結婚式を挙げることとなった。私が24歳、良子が19の歳である。私どもは数年起居を共にし許嫁の間だったので、結婚式といってもいわば結婚披露宴ともいうべきものだった。
東京では親しい友だちを招いて披露かたがた小宴を設けただけだった。したがって私どもの結婚式は一般に行われるような形式や、華やかさは持たず、その際に感ぜられるような興奮や思い出は残されなかった。いわば結婚式当日の式次第を数年にわたってなし崩して行ったようなものだった。

岸 信介
きし のぶすけ
Nobusuke Kishi.jpg
生年月日 1896年11月13日
出生地 日本の旗 日本 山口県吉敷郡山口町
(現:山口市
没年月日 (1987-08-07) 1987年8月7日(90歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京都新宿区
出身校 東京帝国大学
(現・東京大学
前職 商工省官僚
所属政党翼賛政治会→)
護国同志会→)
(無所属→)
日本再建連盟→)
自由党→)
(無所属→)
日本民主党→)
自由民主党
称号 正二位
大勲位菊花大綬章
法学士(東京帝国大学・1920年
配偶者 岸良子(従妹)
子女 長男:岸 信和
長女:安倍洋子
親族 佐藤信寛(曾祖父)
佐藤信彦(祖父)
佐藤秀助(父)
佐藤市郎(兄)
佐藤栄作(弟)
岸 信政(養父・伯父)
安倍晋太郎(娘婿)
安倍寛信(孫)
安倍晋三(孫)
岸 信夫(孫)
佐藤寛子(従妹)
佐藤信二(甥)
サイン KishiN kao.png

内閣 第1次岸内閣
第1次岸改造内閣
第2次岸内閣
第2次岸改造内閣
在任期間 1957年2月25日 - 1960年7月19日
天皇 昭和天皇

内閣 石橋内閣
在任期間 1957年1月31日 - 1957年2月25日
天皇 昭和天皇

日本の旗 第86・87代 外務大臣
内閣 石橋内閣
第1次岸内閣
在任期間 1956年12月23日 - 1957年7月10日

内閣 東條内閣
在任期間 1943年10月8日 - 1944年7月22日

日本の旗 第24代 商工大臣
内閣 東條内閣
在任期間 1941年10月18日 - 1943年10月8日

その他の職歴
日本の旗 衆議院議員
1942年5月1日 - 1943年10月8日[1]
1953年4月20日 - 1979年9月7日
Liberal Democratic Party (Japan) Emblem.jpg 第3代 自由民主党総裁
1957年3月21日 - 1960年7月14日
テンプレートを表示

岸 信介(きし のぶすけ、1896年明治29年〉11月13日 - 1987年昭和62年〉8月7日)は、日本政治家官僚旧姓佐藤(さとう)。

満州国総務庁次長、商工大臣第24代)、衆議院議員(9期)、自由民主党幹事長(初代)、自由民主党総裁 (第3代) 、外務大臣(第8687代)、内閣総理大臣臨時代理内閣総理大臣(第5657代)、皇學館大学総長 (第2代) などを歴任し、「昭和の妖怪」と呼ばれた。

  1. ^ 『官報』第5027号、昭和18年10月13日。
[ 前のページに戻る ]