岡村正 おかむら ただし

電機

掲載時肩書東芝相談役
掲載期間2014/03/01〜2014/03/31
出身地東京都
生年月日1938/07/26
掲載回数
執筆時年齢76 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他戸山高
入社東芝
配偶者見合・ragby
主な仕事ラグビー、計測事業、MBA,社長、リスト ラ2万人、日商会頭、
恩師
人脈土光、西室、山口信夫、三村明夫、
備考父:孫子研究
論評

岡村氏は東芝出身社長としては佐波正一氏に次いで2人目だが、プロパーではない社長経験者の石坂泰三氏、土光敏夫氏を入れれば、4人目となる。同一企業から4人も「履歴書」に登場しているのは、三井物産、トヨタ、野村證券、新日鉄、中部電力の計6社である。彼(岡村氏)は大学時代にラグビーを始め、東芝でもプレーし、その精神を経営にも生かした。

社長就任直後にITバブルの崩壊があり、1000億円以上の赤字計上となる。打開策のための「01アクションプラン」を発表したが、それには従業員の10%(2万人)を削減し、生産拠点統廃合や資産の売却を進めるものであった。大企業には家電や半導体など多数の事業部門があり、これらを「選択と集中」により事業を効率化する必要があり事業の統廃合や他社(パナソニックなど)との事業統合を大胆に進めた。また、時流では親会社を持ち株会社にして、事業部門を独立した会社にする方策もあったが、彼は敢えて「業務の執行に対する監督機能を強め、経営に一体的なスピード感を持たせる」ために社内の分社にこだわった。

日商会頭になってからは、消費増税に反対の中小企業に対して彼らの意見を充分に聴く体制を敷き、意見集約に成功した。また、全国民に夢と希望を与える祭典の東京オリンピック招致活動に全国の商工会議所を挙げて取り組んだ実績も素晴らしい。日商会頭の後任には三村明夫氏(新日鉄相談役)を選んだが適任だと思う。

岡村正

岡村 正(おかむら ただし、1938年7月26日 - )は、日本経営者財界人東芝名誉顧問、日本商工会議所名誉会頭、NPO法人日本防災士機構評議員などを務めている。父は元陸軍大佐で孫子研究家の岡村誠之。兄は元警視庁副総監の岡村健[1]

  1. ^ 「月刊テーミス」2008年1月号
[ 前のページに戻る ]