山村雄一 やまむら ゆういち

医療

掲載時肩書大阪大学前学長
掲載期間1989/10/01〜1989/10/31
出身地大阪府
生年月日1918/07/27
掲載回数
執筆時年齢71 歳
最終学歴
大阪大学
学歴その他浪速高
入社免疫学
配偶者見合い
主な仕事刀根山HP、軍医、理学部生化学、結核空洞治療、九大生化学教授、ガン、阪大3内、生命工学、
恩師赤堀四郎 教授
人脈吉田富三先生、結核とガン治療、岸本忠 三、石坂公成、司馬遼太郎、森光子、
備考父:船長

山村 雄一(やまむら ゆういち、1918年7月27日 - 1990年6月10日)は、臨床免疫学者[1]大阪府大阪市天王寺区生まれ[2]結核を中心とした免疫学・医学研究に貢献した[1]。長男は東海大学医学部教授の山村雅一[2]。孫は吉本新喜劇信濃岳夫

1941年大阪大学医学部[1]。海軍軍医学校軍医科69期14班班長を務めた後太平洋戦争中は日本海軍の軍医として転戦[1]。1949年大阪大学医学博士。「結核菌の安息香酸代謝に就て」。1956年に国立刀根山病院内科医長、1957年に九州大学医学部生化学教授、1962年に大阪大学医学部教授、1967年に同大学医学部長、1979年から1985年まで大阪大学総長を務めた[1]

癌の免疫療法であるBCG-CWSを作る。

  1. ^ a b c d e 岸本進「故 山村雄一先生を偲んで」『アレルギー』第39巻第7号、日本アレルギー学会、1990年、 636-638頁、 doi:10.15036/arerugi.39.636
  2. ^ a b 朝日新聞 1990年6月11日夕刊
[ 前のページに戻る ]