尾崎士郎 おざき しろう

文芸

掲載時肩書作家
掲載期間1963/06/27〜1963/07/24
出身地愛知県
生年月日1898/02/05
掲載回数28 回
執筆時年齢65 歳
最終学歴
早稲田大学
学歴その他早大予
入社東洋経済
配偶者宇野千代
主な仕事漱石「本」中学4年「学生論」 社会主義的思想、「人生劇場」
恩師
人脈加藤勘十、横光利一、大杉栄、荒畑寒村、
備考
本来の表記は「尾﨑士郎」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

尾崎 士郎(おざき しろう、1898年(明治31年)2月5日 - 1964年(昭和39年)2月19日)は、日本小説家。新聞連載小説『人生劇場』がヒットし、流行作家になった[1]

尾崎 士郎
Ozaki Shiro.JPG
1955年
誕生 1898年2月5日
愛知県幡豆郡横須賀村
死没 (1964-02-19) 1964年2月19日(66歳没)
東京都大田区
職業 小説家
最終学歴 早稲田大学政治学科中退
代表作人生劇場』(1933-59年)
テンプレートを表示
  1. ^ 尾崎士郎 おざき しろうコトバンク
[ 前のページに戻る ]