尾崎一雄 おざき かずお

文芸

掲載時肩書作家
掲載期間1978/05/31〜1978/06/29
出身地神奈川県
生年月日1899/12/25
掲載回数30 回
執筆時年齢79 歳
最終学歴
早稲田大学
学歴その他早高
入社
配偶者
主な仕事「主潮」、奈良・鷺池浮見堂(自殺未遂)
恩師志賀直哉
人脈夏目漱石、河野一郎(中学同期)、尾崎士郎
備考
尾崎 一雄
Kazuo Ozaki 01.jpg
誕生 1899年12月25日
三重県宇治山田町
死没 (1983-03-31) 1983年3月31日(83歳没)
職業 小説家
最終学歴 早稲田大学国文科卒業
代表作 『暢気眼鏡』(1933年)
『虫のいろいろ』(1948年)
『まぼろしの記』(1961年)
『あの日この日』(1970-73年)
テンプレートを表示

尾崎 一雄(おざき かずお、1899年明治32年)12月25日 - 1983年昭和58年)3月31日)は、日本小説家三重県生まれ。早稲田大学国文科卒。志賀直哉に師事。生活苦の中で執筆し、短編集『暢気眼鏡』で芥川賞受賞。その後大病を患い、療養生活の中で自然や生き物への観察眼を深め、身近に迫る死を見つめた心境小説を発表して高い評価を受けた。昭和期の代表的な私小説作家であり、『虫のいろいろ』や『美しい墓地からの眺め』などの作品は、作者のみならず心境小説の代表的作品として知られている。日本芸術院会員。文化功労者文化勲章受章。

[ 前のページに戻る ]