小田島雄志 おだじま ゆうし

学術

掲載時肩書東大名誉教授
掲載期間2011/07/01〜2011/07/31
出身地中国瀋陽
生年月日1930/12/18
掲載回数
執筆時年齢80 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他福岡高校
入社学士浪人
配偶者読書会 会員
主な仕事国学院大、津田塾、東大、舞台観客、シエクスピア劇37完訳、演劇評論家、
恩師小津次郎
人脈戸板康二(歌舞伎評論)、森繁、澤地久枝(同級)、文学座、唐十郎、岸田今日子、宇野重吉、
備考ユーモア父わがママ

小田島 雄志(おだしま ゆうし、1930年昭和5年)12月18日 - )は、日本の英文学者、演劇評論家。東京大学名誉教授、東京芸術劇場名誉館長。日本演劇協会(理事)[1]豊島区芸術顧問[2]

姉の阿部明子(あかし)は東京家政大学名誉教授[3]。妹の松村紀代子は、『文藝春秋』(文藝春秋)の編集者をへて、エッセイスト[4]。次男の小田島恒志も英文学者、早稲田大学教授[5]。恒志の妻の小田島則子も英文学者、翻訳家[6]

  1. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「nami」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
  2. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「adb」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
  3. ^ 『ぼくは人生の観客です』(日本経済新聞社)P.21
  4. ^ 『ぼくは人生の観客です』(日本経済新聞社)P.21
  5. ^ 『ぼくは人生の観客です』(日本経済新聞社)P.94
  6. ^ 『ぼくは人生の観客です』(日本経済新聞社)P.94
[ 前のページに戻る ]