小柴昌俊 こしば まさとし

学術

掲載時肩書東京大学名誉教授
掲載期間2003/02/01〜2003/02/28
出身地愛知県
生年月日1926/09/19
掲載回数27 回
執筆時年齢77 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他一高
入社助手
配偶者松下康雄紹介娘
主な仕事ロチェスター大(博士)、気球cap(宇宙線)、 カミオカンデ、素粒子ーニュートリノ―宇宙
恩師朝永振一郎
人脈上田耕一郎・松下康雄(学友)、天野禎祐校長、山路敬三(同期)、南部 陽一郎、茅誠司総長、戸塚洋二、梶田隆章、辻久子
備考父陸軍教官,仲人:朝永振一郎
追悼

氏は‘20年11月12日、94歳で亡くなった。この「履歴書」に登場は’03年2月の77歳のときでした。ニュートリノをわかり易く解説してくれたり、仲人の朝永振一郎教授との秘話、ニュートリノ研究から数年内にノーベル受賞者が出ると予言してくれた。

1.ニュートリノとは
この名はイタリア語で「小さな中性の粒子」という意味だ。中性はプラスの電気もマイナスの電気も持たないということだ。
 人類は古くはギリシャ時代から万物の根源となる基本構成要素を追い求めてきたが、ニュートリノは物質の元である原子を構成する、そのまた元の基本粒子の一つと考えられている。人類が極微の世界をより深く知るためにも重要な手掛かりになる粒子だ。
 1963年(昭和38)、東京大学物理学教室に赴任した時のことだ。私は大学院での最初の講義で黒板の一番右端に「素粒子」と書き、左の端には「宇宙」と書いた。そして「この2つの分野は今急速に理解が深まっているのだが、その2つを関係づけるのはおそらくこれではないか」と言って、真ん中に「ニュートリノ」と書いたことがある。この研究は素粒子と宇宙の2つの世界をニュートリノで繋ぐことになった。

2.朝永振一郎先生
1948年、一高を卒業するときの校長は天野貞祐先生で、東大物理に行くならと、朝永先生への紹介状を書いて下さった。朝永先生は1965年(昭和40)にノーベル物理学賞を受賞された方だったが、私は当初、朝永先生がどんな偉い先生か知らなかった。紹介状を持って大久保の地下壕に、空襲を避けて先生一家が住んでおられた。浴衣姿で出ていらして「ここじゃ何だから研究室へ行きましょう」。
 先生のいた東京文理科大学(当時)の研究室へ行ったら、配給のタバコの葉を鉛筆を使って紙に巻きながら話を聞いてくれた。私はいっぺんに先生が好きになってしまいました。
 先生は仲人を引受けてくれましたが、そのときのスピーチは極めて簡単でした。
「今までの花婿には、私は物理を教えましたが、酒は教えませんでした。私の隣に座っている小柴君には酒は教えましたが、物理は教えませんでした」。それでおしまいだった。朝永先生とは酒はよくご一緒したが、物理の指導を受けたという記憶は確かにない。

小柴 昌俊
Masatoshi Koshiba 2002.jpg
小泉内閣メールマガジン』寄稿に際して
公表された肖像写真
生誕 (1926-09-19) 1926年9月19日
日本の旗 日本 愛知県豊橋市
死没 2020年11月12日(94歳)
日本の旗 日本 東京都
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 素粒子物理学
宇宙線物理学
天体物理学
出身校 東京大学
主な業績 ニュートリノ天文学の開拓
超新星からのニュートリノの検出
主な受賞歴 仁科記念賞(1987年)
日本学士院賞1989年)
ウルフ賞物理学部門(2000年)
ノーベル物理学賞(2002年)
ベンジャミン・フランクリン・メダル(2003年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2002年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:天体物理学とくに宇宙ニュートリノの検出に対するパイオニア的貢献

小柴 昌俊(こしば まさとし、1926年大正15年〉9月19日 - 2020年令和2年〉11月12日)は、日本物理学者天文学者勲等勲一等正三位学位Doctor of Philosophyロチェスター大学1955年)、理学博士東京大学1967年)。東京大学特別栄誉教授名誉教授東海大学特別栄誉教授、杉並区立桃井第五小学校名誉校長日本学術会議栄誉会員日本学士院会員文化功労者

シカゴ大学研究員、東京大学原子核研究所助教授、東京大学理学部教授、東京大学高エネルギー物理学実験施設施設長、東海大学理学部教授、財団法人平成基礎科学財団理事長などを歴任した。

[ 前のページに戻る ]