小松左京 こまつ さきょう

文芸

掲載時肩書SF作家
掲載期間2006/07/01〜2006/07/31
出身地大阪府
生年月日1931/01/28
掲載回数
執筆時年齢75 歳
最終学歴
京都大学
学歴その他三高
入社アトム雑誌
配偶者略奪婚
主な仕事漫画、小説、脚本、SF作家、大阪万博、 未来学会、「日本沈没」、花博、
恩師吉田健一
人脈高島忠夫、高橋和巳、いとし・こいし、 梅棹忠夫、開高健、
備考ひょうきん者
小松 左京こまつ さきょう
ペンネーム小松 左京こまつ さきょう
誕生小松 実こまつ みのる
(1931-01-28) 1931年1月28日
日本の旗 日本大阪府大阪市西区
死没 (2011-07-26) 2011年7月26日(80歳没)
日本の旗 日本・大阪府箕面市
職業 小説家
SF作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 文学士京都大学・1954年)
最終学歴 京都大学大学院文学研究科・文学部
活動期間 1961年 - 2011年
ジャンル SF
評論随筆
主題 生命人類未来
未来学
代表作復活の日』(1964年)
果しなき流れの果に』(1966年)
日本沈没』(1973年)
さよならジュピター』(1982年)
首都消失』(1985年)
主な受賞歴 星雲賞日本長編部門(1971年・1974年・1983年)
星雲賞日本短編部門(1973年・1976年・1978年)
日本推理作家協会賞(1974年)
日本SF大賞(1985年)
星雲賞特別賞(2011年)
日本SF大賞特別功労賞(2011年)
デビュー作 「易仙逃里記」(1962年)
配偶者 克美(1958年結婚)
公式サイト 株式会社イオ(小松左京事務所)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

小松 左京(こまつ さきょう、1931年1月28日 - 2011年7月26日)は、日本小説家。本名、小松 実(こまつ みのる)。

[ 前のページに戻る ]