小宮隆太郎 こみや りゅうたろう

学術

掲載時肩書日本学士院会員
掲載期間2008/12/01〜2008/12/31
出身地京都府
生年月日1928/11/30
掲載回数
執筆時年齢80 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他東京高校
入社助手
配偶者友人妹
主な仕事八幡・富士合併反対、円切上、H大留学 、反マル経、反「前川R」
恩師木村健康教授
人脈都留重人、篠原三代平、館龍一郎、宇沢弘文、弟子(白川、須田、岩田)、浜田宏一(同期)
備考
小宮 隆太郎
生誕 (1928-11-30) 1928年11月30日(92歳)
京都府京都市
国籍 日本の旗 日本
研究機関 (機関)スタンフォード大学
東京大学
通商産業研究所
青山学院大学
研究分野 国際経済学日本経済研究、現代中国経済研究[1]
母校 東京大学経済学部
影響を
受けた人物
木村健康ワシリー・レオンチェフ
影響を
与えた人物

中馬弘毅 · 三村明夫 · 斎藤精一郎 · 榊原英資 · 薄井信明 · 竹島一彦 · 岩田規久男 · 八代尚宏 · 岩井克人 · 石川経夫 · 三輪芳朗 · 山本幸三 · 須田美矢子 · 白川方明 · 太田房江 · 中曽宏 · 小田原潔ほか多数
実績 戦後日本における経済学の発展に多大な貢献
受賞 文化功労者(1996年)
文化勲章(2002年)
テンプレートを表示

小宮 隆太郎(こみや りゅうたろう、旧字体:小宮 隆太郞1928年昭和3年)11月30日 - )は、日本経済学者東京大学名誉教授・青山学院大学名誉教授。国際経済学日本経済中国経済の3つの分野での実証的な研究を行った業績で知られる[1]。また、多くの日本の経済論争に中心人物としてかかわっている。2002年、文化勲章受章。

  1. ^ a b 小宮 隆太郎 - 会員個人情報”. 日本学士院. 2019年11月6日閲覧。
[ 前のページに戻る ]