室生犀星 むろお すいせい

文芸

掲載時肩書作家
掲載期間1961/11/13〜1961/12/07
出身地石川県
生年月日1889/08/01
掲載回数25 回
執筆時年齢72 歳
最終学歴
小学校
学歴その他
入社裁判所給仕
配偶者
主な仕事地方新聞、「愛の詩集」「抒情小曲集」 中央公論「杏っこ」
恩師萩原朔太郎
人脈斉藤茂吉、北原白秋、若山牧水、
備考
室生 犀星
(むろう さいせい)
Saisei Muro 01.jpg
1948年撮影[注釈 1]
誕生 室生 照道
1889年8月1日
石川県の旗 石川県金沢市
死没 (1962-03-26) 1962年3月26日(72歳没)
東京都の旗 東京都港区虎ノ門
墓地 野田山墓地(石川県金沢市)
職業 詩人小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 長町高等小学校中退
活動期間 1913年 - 1962年
ジャンル 小説俳句随筆
主題 近代抒情詩
文学活動 理想主義
代表作 『愛の詩集』(1918年
『抒情小曲集』(1918年
性に目覚める頃』(1933年
あにいもうと』(1934年
杏っ子』(1957年
かげろうの日記遺文』(1958-59年
蜜のあはれ』(1959年
主な受賞歴 文芸懇話会賞(1935年
菊池寛賞1941年
読売文学賞1957年
毎日出版文化賞1959年
野間文芸賞1959年
配偶者 室生とみ子1895年 - 1959年
子供 室生朝子
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
室生犀星生誕地跡石碑(室生犀星記念館・金沢市)

室生 犀星(むろう さいせい、本名: 室生 照道〈てるみち〉、1889年明治22年〉8月1日 - 1962年昭和37年〉3月26日)は、日本詩人小説家。別号に「魚眠洞」、「魚生」、「殘花」、「照文」。石川県金沢市生まれ。別筆名に「秋本健之」。

姓の平仮名表記は、「むろう」が一般的であるが、犀星自身が「むろう」「むろお」の双方の署名を用いていたため、現在も表記が統一されていない。室生犀星記念館は「「むろお」を正式とするが、「むろお」への変更を強制するものではない」としている。[1][注釈 2]
引用エラー: 「注釈」という名前のグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="注釈"/> タグが見つかりません

  1. ^ アーカイブされたコピー”. 2014年8月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年11月4日閲覧。富山新聞、2010年8月5日
[ 前のページに戻る ]