天津乙女 あまつ おとめ

映画演劇

掲載時肩書宝塚歌劇団理事
掲載期間1976/11/12〜1976/12/06
出身地東京都
生年月日1905/10/09
掲載回数25 回
執筆時年齢71 歳
最終学歴
宝塚音楽学校
学歴その他宝塚少 女12歳
入社宝塚歌劇団
配偶者藤間流 花柳流
主な仕事初舞台12歳、妹も入団、長男(阪急電・ 社長)、レコード、欧州公演、労働組合、理事
恩師小林一三
人脈雲野かよ子(妹)、春日野八千代(コンビ) 、小夜福子、淡島千景、六代目菊五郎、小林米三
備考義太夫 採り入れ
美女と才女
天津乙女

1.宝塚歌劇団のスターで、劇団理事。本項で記述。

2.バラの品種の一。1.に因んで命名。1960年兵庫県伊丹市で作出


あまつ おとめ
天津 乙女
天津 乙女
1951年「四つのファンタジア」
本名 鳥居 栄子
生年月日 (1905-10-09) 1905年10月9日
没年月日 (1980-05-30) 1980年5月30日(74歳没)
出生地 東京府東京市神田区(現・東京都千代田区
死没地 兵庫県西宮市鷲林寺南町、香雪記念病院(現・西宮協立リハビリテーション病院
ジャンル 宝塚歌劇
活動期間 1918-1980
著名な家族 妹・雲野かよ子
主な作品
舞台『奴道成寺』『紅葉狩』『棒しばり』
テンプレートを表示

天津 乙女(あまつ おとめ、1905年10月9日 - 1980年5月30日)は、宝塚歌劇団団員(元月組主演クラス・月組組長)。のちに同劇団理事をつとめた[1]。本名鳥居 栄子。愛称エイコさん。

芸名は小倉百人一首収録の僧正遍昭の歌「天つ風 雲の通ひ路 吹きとぢよ 乙女の姿 しばしとどめむ」(あまつかぜ くものかよいじ ふきとじよ をとめのすがた しばしとどめん)から命名された。

後輩の春日野八千代神代錦とならんで「宝塚の至宝」と呼ばれた。

  1. ^ 『昭和舞台俳優史』毎日新聞社、1978年、118頁。
[ 前のページに戻る ]