大濱信泉 おおはま のぶみ

学術

掲載時肩書早大総長
掲載期間1964/05/12〜1964/06/10
出身地沖縄県
生年月日1891/10/05
掲載回数30 回
執筆時年齢73 歳
最終学歴
早稲田大学
学歴その他早大予
入社三井物産
配偶者日本女子大
主な仕事弁護士(早大講師)、教授、総長
恩師
人脈
備考
1956年
大濱信泉記念館
石垣やいま村に移設された旧居

大濱 信泉(おおはま のぶもと、1891年明治24年)10月5日[1] - 1976年昭和51年)2月13日)は、日本法学者(専門は商法)・教育者。第7代早稲田大学総長(1954年 - 1966年)。旧名大濱 信陪。妻は評論家の大浜英子

  1. ^ 「八重山ジャンルごと小事典」p159 崎原 恒新 ボーダーインク、1999年8月1日
[ 前のページに戻る ]