大屋敦 おおや あつし

化学

掲載時肩書日銀政策委員
掲載期間1964/07/11〜1964/08/04
出身地東京都上野
生年月日1885/09/05
掲載回数25 回
執筆時年齢79 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他一高
入社逓信省
配偶者永井-> 大屋養子
主な仕事住友本社、住友化学、軽金属統制会、日本板硝子、日本ビクター、日本ベークライト、原子力、日銀政策
恩師利光平夫 小倉正恒
人脈斉藤茂吉(開成同期)岩切章太 郎(下)三村起一(住友同僚)
備考三島由紀夫:実姉の孫

大屋 敦(おおや あつし、明治18年(1885年9月5日 - 昭和45年(1970年8月18日)は、日本実業家。元住友化学工業社長。

大審院判事永井岩之丞の六男。姉・夏子は内務官僚・平岡定太郎の妻(作家三島由紀夫の祖母)。大屋宏、純子、大屋薫、千枝子、大屋韶の父。

[ 前のページに戻る ]