大塚敬節 おおつか けいせつ

学術

掲載時肩書東洋医学総合研究所長
掲載期間1975/06/28〜1975/07/26
出身地高知県
生年月日1900/02/25
掲載回数29 回
執筆時年齢75 歳
最終学歴
熊本大学
学歴その他
入社武田HP
配偶者HP事務員
主な仕事病気でなく病人を治す、漢方医学の新 研究、古医道、東洋医学協会
恩師暁烏 敏 権藤成卿
人脈「復寒論」(漢方バイブル)
備考
大塚 敬節
自宅にて
1975年頃
生誕 1900年2月25日
高知県高知市
死没 (1980-10-15) 1980年10月15日(80歳没)
東京都新宿区
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 東洋医学漢方医学
研究機関 北里大学東洋医学総合研究所、修琴堂大塚医院
出身校 熊本県立医学専門学校
(現熊本大学医学部)
博士課程
指導教員
湯本求真
主な業績 漢方医学復興、
日本東洋医学会設立、
七物降下湯開発
主な受賞歴 日本医師会最高優功賞
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

大塚 敬節(おおつか けいせつ、おおつか よしのり[1]明治33年(1900年2月25日 - 昭和55年(1980年10月15日)とは、昭和期の漢方復権に尽力した代表的な日本医師東洋医学の発展に貢献した業績により1978年日本医師会より最高優功賞を日本で初めて受賞[2][3]。号は敬節(けいせつ)[3][4]

  1. ^  『日本近現代医学人名事典』[2012:119]
  2. ^ 矢数道明「大塚敬節先生追悼特集に当って」『漢方の臨床』1980年、27巻、11号、p.716
  3. ^ a b 東亜医学協会「大塚敬節先生の略歴と功績」『漢方の臨床』1980年、27巻、11号、p.717-721
  4. ^ 号について、熊本大学医学部同窓会名簿にも敬節とある
[ 前のページに戻る ]