大佛次郎 おさなぎ じろう

文芸

掲載時肩書作家
掲載期間1964/12/07〜1964/12/31
出身地神奈川県
生年月日1897/10/09
掲載回数25 回
執筆時年齢67 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他一高
入社外務省
配偶者吾妻光子
主な仕事丸善に洋書注文→原稿、内村裕之、
恩師
人脈良心は信用の母であり、信用は無形の蓄積資本である
備考
大佛 次郎
(おさらぎ じろう)
Jiro Osaragi 1925.jpg
大佛次郎(1925年)
ペンネーム 由比 浜人
阪下 五郎
安里 礼次郎
流山 龍太郎
八木 春泥
白馬亭 去来
須田 紋太郎
浪子 燕青
元野 黙阿弥
瓢亭 白馬
清本 北洲
田村 宏
三並 喜太郎
吉岡 大策
赤松 繁俊
高橋 益吉
浄明寺 三郎
赤城 和夫
誕生 1897年10月9日
日本の旗 日本神奈川県横浜市英町
死没 (1973-04-30) 1973年4月30日(75歳没)
日本の旗 日本東京都中央区築地
墓地 寿福寺
職業 小説家ノンフィクション作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士法学
最終学歴 東京帝国大学法学部政治学科
活動期間 1924年 - 1973年
ジャンル 小説
ノンフィクション
主題 日本の近代化
代表作鞍馬天狗』(1924年 - 1965年)
赤穂浪士』(1929年)
『ドレフュス事件』(1930年,ノンフィクション)
帰郷』(1949年)
『宗方姉妹』(1950年)
パリ燃ゆ』(1964年、ノンフィクション)
天皇の世紀』(1969年 - 1973年、ノンフィクション)
主な受賞歴 日本芸術院賞(1950年)
文化勲章(1964年)
朝日文化賞(1965年)
デビュー作 『一高ロマンス』
親族 野尻抱影(兄)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

大佛 次郞(おさらぎ じろう、1897年明治30年)10月9日 - 1973年昭和48年)4月30日)は、日本小説家・作家大仏次郎(新字体)とも書く。神奈川県出身、本名は野尻 清彦(のじり きよひこ)[1]。『鞍馬天狗』シリーズなど大衆文学の作者として有名な他、歴史小説、現代小説、ノンフィクション新作歌舞伎[注釈 1]童話などまでを幅広く手がけた。作家の野尻抱影(正英)は兄。

  1. ^ 大佛次郎記念館 (2013), リーフレット『大佛次郎記念館』(中面)大佛次郎略年譜 


引用エラー: 「注釈」という名前のグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="注釈"/> タグが見つかりません

[ 前のページに戻る ]