坂田栄男 さかた えいお

囲碁将棋

掲載時肩書本因坊・名人・王座
掲載期間1964/10/24〜1964/11/12
出身地東京都
生年月日1920/02/15
掲載回数20 回
執筆時年齢44 歳
最終学歴
小学校
学歴その他
入社9歳で院生
配偶者見合
主な仕事軍需工場、棋院脱退し戻る、本因坊に挑戦、訪中囲碁団、
恩師増淵辰子
人脈藤沢芳斉、橋本宇太郎、高川格、藤沢秀行、呉清源、木谷實、津島寿一、
備考父のカケで代打ち
論評

囲碁界では本因坊を名乗るのが最高の名誉だったが、碁の力では呉清源の方が上とみられていた時代があった。坂田は本因坊戦で橋本宇太郎に負けたけれど、一時3勝1敗と追い詰めた実績を相当評価された。そのため、呉清源と6番碁が企画された。それまで一度も名前負けで呉清源に勝ったことはなかったが、このときは4勝1敗1ジゴで勝ち、大いに自信をつけた。本因坊戦は10年後に9期連続保持の高川格と戦い勝つことができた。

そして次のように書いている。
碁はマラソンのようなものである。息の長いゲームで、序、中、終盤のそれぞれについて、いくつかのヤマがある。そのくせ、ぎりぎりまでどっちが勝っているのかわからない勝負が多い。若いうちは、その長い道中を大過なく乗り切ることはむずかしい。精神と技(わざ)のバランスがとりにくいからだ。碁は技術だけのものではない。そういう意味では、若手の竹林(大竹6段、林海鋒7段)も、あと10年たたなければうまくいかないと思う。

 坂田栄男  二十三世本因坊
Eio Sakata.jpg
名前 坂田栄男
生年月日 (1920-02-15) 1920年2月15日
没年月日 (2010-10-22) 2010年10月22日(90歳没)
プロ入り年 1935年
出身地 東京都
所属 日本棋院東京本院
師匠 増淵辰子
名誉称号 二十三世本因坊
概要
タイトル獲得合計 64(歴代2位)
七大タイトル合計 21(歴代6位タイ)
通算成績 1117勝654敗16持碁
七大タイトル
名人 2期 (1963-64)
本因坊 7期 (1961-67)
王座 7期 (1961・63-64・66・70-72)
十段 5期 (1966-68・72-73)
テンプレートを表示

二十三世本因坊栄寿(にじゅうさんせいほんいんぼう えいじゅ 1920年大正9年)2月15日 - 2010年平成22年)10月22日本名坂田 栄男(さかた えいお)は、囲碁棋士東京都出身、日本棋院所属、増淵辰子八段門下、九段。

本因坊戦で7連覇他、選手権制初の名人・本因坊、7タイトル制覇、タイトル獲得64回など数々の記録を持つ、呉清源と並び称される昭和最強棋士の一人。切れ味の鋭いシノギを特徴として「カミソリ坂田」の異名を持ち、数々の妙手鬼手と呼ばれる手を残している。また布石での三々を多用した。

日本棋院理事長を1978年から1986年まで務めた後、1988年7月より日本棋院顧問2000年2月15日に現役を引退2009年より日本棋院名誉顧問。

[ 前のページに戻る ]