土光敏夫 どこう としお

輸送用機器・手段

掲載時肩書経団連名誉会長
掲載期間1982/01/01〜1982/02/02
出身地岡山県岡山
生年月日1896/09/15
掲載回数33 回
執筆時年齢86 歳
最終学歴
東京工業大学
学歴その他蔵前高工
入社石川造船所
配偶者
主な仕事石川島芝浦タービン、本社、石川島・播磨合併、東芝、経団連会長、行革
恩師
人脈茅誠司(大学同期)土光-田口-真藤体制、石坂泰三
備考日蓮宗、 睡眠5時間
どこう としお
土光 敏夫
Dokou Toshio.jpg
財界研究社『財界』新年特大号(1964)より
生誕1896年9月15日
岡山県御野郡大野村
(現在の岡山市北区
死没 (1988-08-04) 1988年8月4日(91歳没)
東京都品川区
出身校東京高等工業学校
(現:東京工業大学
職業エンジニア実業家、財界人
東芝社長・経団連名誉会長
橘学苑理事長

土光 敏夫(どこう としお、1896年(明治29年)9月15日 - 1988年(昭和63年)8月4日)は、昭和時代日本エンジニア実業家位階勲等従二位勲一等勲一等旭日桐花大綬章勲一等旭日大綬章勲一等瑞宝章)。岡山県名誉県民[1]岡山市名誉市民[2]

石川島重工業・石川島播磨重工業 社長東芝 社長・会長を歴任、経済団体連合会第4代会長に就任し、「ミスター合理化」として「土光臨調」と称されている第二次臨時行政調査会でも辣腕を振るった。他方、橘学苑の理事長、校長を創設者の母から引き継ぎ、「メザシの土光さん」としても親しまれた。 次男の土光哲夫は東芝タンガロイの元役員。また「FES☆TIVE」のメンバー土光瑠璃子は曾孫にあたる[3]

  1. ^ 岡山県名誉県民 - 岡山県ホームページ(総務学事課)
  2. ^ 岡山市名誉市民|岡山市|市政情報|岡山市長室
  3. ^ 曽祖父は元経団連会長「土光瑠璃子」私も日本を動かしたい | Smart FLASH[光文社週刊誌]” (日本語). Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ (2019年12月2日). 2020年8月13日閲覧。
[ 前のページに戻る ]