古橋廣之進 ふるはし ひろのしん

スポーツ

掲載時肩書日本水泳連盟会長
掲載期間1985/12/02〜1985/12/31
出身地静岡県
生年月日1928/09/16
掲載回数30 回
執筆時年齢71 歳
最終学歴
高等学校
学歴その他日大予科
入社
配偶者見合い
主な仕事1日2万m(50年・地球1周半)、左手中 指損傷、大同毛織、水泳連盟、日大教授
恩師
人脈フォード・コンノ、橋爪四郎、永田雅一、
備考
古橋 廣之進Swimming pictogram white.svg
Furuhashi Hironoshin.JPG
1955年
選手情報
フルネーム 古橋 廣之進
ニックネーム フジヤマのトビウオ
国籍 日本の旗 日本
泳法 自由形
生年月日 (1928-09-16) 1928年9月16日
生誕地 日本の旗 日本 静岡県浜名郡雄踏町(現・浜松市西区
没年月日 (2009-08-02) 2009年8月2日(80歳没)
死没地 イタリアの旗 イタリア ローマ
テンプレートを表示

古橋 廣之進(ふるはし ひろのしん、1928年9月16日 - 2009年8月2日)は、日本水泳選手でありスポーツ指導者。日本大学名誉教授フジヤマのトビウオの異名を持つ。

第二次世界大戦終了後の水泳界で次々と世界記録を打ち立てた。現役引退後は大同毛織(現 ダイドーリミテッド)に入社。その後、母校・日本大学の教授日本水泳連盟会長、日本オリンピック委員会会長を歴任した。2009年(平成21年)8月2日、世界水泳選手権が開かれていたイタリアローマで死去した。

[ 前のページに戻る ]