千宗室 せん そうしつ

芸術

掲載時肩書裏千家家元
掲載期間1986/11/02〜1986/12/02
出身地京都府
生年月日1923/04/19
掲載回数31 回
執筆時年齢63 歳
最終学歴
同志社大学
学歴その他同志社予
入社府立2高女
配偶者吉川英治仲人
主な仕事千家(表・裏・武者小路)、中興の祖(玄 々斎:裏11)、大徳寺修行、各国大学講座、
恩師瑞厳老大師 吉川英治
人脈西村晃、内海倫(主計長)、大谷光紹、米国茶道行脚、湯川夫妻、鈴木大拙、塚本幸一、稲盛和夫、立石孝雄、
備考
千玄室

千 玄室(せん げんしつ、1923年大正12年)4月19日 - )は、茶道裏千家前家元15代汎叟宗室。斎号は鵬雲斎。若宗匠時代は宗興。現在は大宗匠・千玄室と称する。「玄室」の名は、千家4代目の仙叟宗室が宗室襲名前に玄室と名乗っており、これに因んで12代直叟宗室が隠居した際に玄室を名乗ったことに由来する[要出典]。本名は千政興。

妻は登三子(1930-1999)。長男は現家元16代玄黙宗室。父は14代碩叟宗室(通称・淡々斎宗室として知られる)。姉は茶道家・冠婚葬祭評論家の塩月弥栄子。次弟は納屋嘉治淡交社社長(1925-2004)。

京都大学大学院特任教授大阪大学大学院客員教授として、伝統芸術研究領域における指導に当たるほか、外務省参与(2019年3月31日まで)[1]ユネスコ親善大使日本国連親善大使[2]日本国際連合協会会長、日本オリンピック委員会名誉委員日本会議代表委員、日本馬術連盟会長、京都サンガF.C.取締役などを務めている。

  1. ^ 産経新聞朝刊2018年4月4日「千玄室氏の外務省参与期間を更新」
  2. ^ “千玄室(財団法人)日本国際連合協会会長への日本・国連親善大使の称号の付与について”. 外務省. (2005年9月5日). https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/17/rls_0905b.html 2018年7月4日閲覧。 
[ 前のページに戻る ]