加賀見俊夫 かがみ としお

サービス

掲載時肩書オリエンタルランド会長&CEO
掲載期間2017/05/01〜2017/05/31
出身地東京都
生年月日1936/01/05
掲載回数
執筆時年齢81 歳
最終学歴
慶應大学
学歴その他開成高
入社京成電鉄
配偶者
主な仕事OL出向、経理、漁業交渉、TDL.コンセプト、TDS,リゾートホテル、
恩師高橋政知
人脈川崎千春、江戸英雄、友納知事、茂木友三郎、武藤一治、
備考
論評

氏は、この「履歴書」に登場したオリエンタルランド社の高橋政知(1999年7月掲載)に次いで二人目である。氏は、この高橋を恩人と書いているが、次のように人物評をしている。「無類に酒が強く、腕っぷしも強い。漁民たちとの交渉では酒を飲みながら胸襟を開いて誠心誠意ぶつからないと埒があかない。酒豪で豪放磊落な高橋さんがうってつけ」と。しかし、高橋専務が出す一晩に月給の何倍にもなる高級料亭の領収書を京成電鉄の川崎千春社長が黙認し、加賀見が処理した。交渉責任者の高橋専務は、反目しあう2つの組合の幹部を、同日同時刻に隣接する2軒の料亭に呼んで接待をした。一方に漁業補償の条件を提示すると、間髪をいれずにもう一方に同じ条件を提示して、両組合の信頼を得て、3年かかる補償交渉を半年足らずで決着させたという。

この箇所を高橋は次のように「履歴書」に書いている。「安い酒では交渉はうまくいかない。ちゃんとした料亭に行かないと、彼らも承知しなかった。連日、新富町や日本橋あたりの料亭で飲めや歌えやの大騒ぎだった。漁民との交渉のため、最初の一カ月で酒代を80万円ほど使ってしまった。大卒の初任給が1万5千円ぐらいの時代である。しかし、漁民と付き合っていくには、時として領収書をとれない金も多かった。その出費もバカにならない。どうしても身銭を切らなければならなかったので、当時住んでいた妻の実家である東京・渋谷の千6百坪の屋敷を売り払ってしまった。現在、渋谷の邸宅跡はニュージランド大使館となっている。妻は、その前を通るとき、プイと横を向いて、私に口をきいてくれないものだ」と。悲惨だがほほえましい。

ディズニーランドのメイン・コンセプトは、夢、魔法、ファンタジー、感動だという。このコンセプトを米本社と共有化するために、日米両社が妥協を許さず話し合っているがよく分かった。特に2番目のテーマパークのTDSを立ち上げる際、「海」をテーマにした合意したものが、本社の「灯台」のイメージに対して、「水の惑星」で決着した経緯が興味深かった。氏が社長に就任し、第二パークの建設、舞浜駅前開発、ホテル事業への進出、新交通システムの導入、そして株式上場を発表したが、この舞浜地域を首都圏の一大リゾート地域にする大計画だった。そして水面下で準備をしていた株式上場が成功をしても、パークの建設資金・調達のために全国の農協や地銀にも行脚して回る必要があった。この大構想計画がすべて実現した現在、年間3千万人を超えるゲストを毎年迎えるテーマパークに成長している。がしかし、これからは、第一ステージの浦安埋め立て、第二はTDLの開業、第三はTDSの開業とリゾート体制の始動、第四はリゾートの拡充を目指すと次の夢を追い求めている。

かがみ としお
加賀見 俊夫
生誕 (1936-01-05) 1936年1月5日(85歳)
東京都江東区
国籍日本の旗 日本
出身校慶應義塾大学法学部政治学科卒業
職業実業家
活動期間1958年 -
団体京成グループ三和グループ
著名な実績東京ディズニーリゾート開業
肩書き株式会社オリエンタルランド代表取締役会長CEO
任期2005年 -
前任者加藤康三
受賞ディズニー・レジェンド2008年
第4回全広連日本宣伝賞松下賞(2016年

加賀見 俊夫(かがみ としお、1936年昭和11年〉1月5日 - )は、日本実業家株式会社オリエンタルランド代表取締役会長CEO東京都江東区出身。新宿区在住。東京ディズニーリゾートの生みの親で、ディズニーヲタクからは「かがみん」の愛称を付けられている。

[ 前のページに戻る ]