加藤唐九郎 かとう とうくろう

芸術

掲載時肩書陶芸家
掲載期間1981/05/01〜1981/05/30
出身地愛知県
生年月日1897/07/19
掲載回数30 回
執筆時年齢83 歳
最終学歴
小学校
学歴その他
入社16歳独立
配偶者夫:20 妻:15
主な仕事古窯発掘(瀬戸→志野、織部、黄瀬戸)、破産、桃山志野、「陶器大辞典」、日本陶芸協会
恩師
人脈益田鈍翁、陶祖「藤四郎」説否定、永仁 壷事件、ピカソ、加山又造
備考

加藤 唐九郎(かとう とうくろう、1897年明治30年)7月19日(※戸籍上は1898年(明治31年)1月17日) - 1985年昭和60年)12月24日)は陶芸家、また陶磁史研究家。愛知県東春日井郡水野村(現・瀬戸市水北町)出身。桃山時代の陶芸の研究と再現に努めたが、1960年に永仁の壺事件で古瀬戸の大規模な贋作を行っていたことが発覚し、批判を受ける。事件後は公職を辞任し作陶に専念した。建築物と陶磁器の組み合わせ陶壁を創出。陶壁は唐九郎による造語。

一ム歳、一ム、野陶、ヤト、陶玄、玄などの号も用いる。

子息の岡部嶺男(長男)[注釈 1]加藤重高(三男)と孫の加藤高宏も同じく陶芸家である。

  1. ^ 松井 1995, p. 169.


引用エラー: 「注釈」という名前のグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="注釈"/> タグが見つかりません

[ 前のページに戻る ]