佐藤忠良 さとう ただよし

芸術

掲載時肩書彫刻家
掲載期間1988/06/01〜1988/06/30
出身地宮城県
生年月日1912/07/04
掲載回数
執筆時年齢76 歳
最終学歴
東京藝術大学
学歴その他
入社
配偶者弁当 デート
主な仕事新制作派協会、シベリア抑留、「群馬の人」、造形大学、パリ、NY、英国で個展、
恩師
人脈舟越保武、小磯良平、猪熊弦一郎ら(若手新派)、船山馨、朝倉文夫先生、
備考

佐藤 忠良(さとう ちゅうりょう、1912年7月4日 - 2011年3月30日[1])は、日本彫刻家舟越保武とともに日本を代表する彫刻家。新制作協会彫刻部創立会員。生き生きとした女性像などをブロンズや木彫で表現した。本の装幀の仕事もこなし、福音館書店版の絵本『おおきなかぶ』の挿絵なども手がけた。出身地にある宮城県美術館には、「佐藤忠良記念館」が併設、日本で最も多い約600点の彫刻作品を収蔵。その他、滋賀県の佐川美術館の佐藤忠良記念館、札幌芸術の森「佐藤忠良記念子どもアトリエ」、国立近代美術館国立国際美術館など、日本全国各地に佐藤忠良の作品が収蔵・展示されている[2]日本芸術院会員、文化功労者文化勲章など辞退する。

女優佐藤オリエは娘。作品のモデルを務めた笹戸千津子は弟子。

  1. ^ 彫刻家、佐藤忠良さん死去 “帽子シリーズ” - 47NEWS(よんななニュース)
  2. ^ 彫刻家 佐藤忠良 | 日本を代表する彫刻家となった7つの理由(作品・略歴)
[ 前のページに戻る ]