伊谷純一郎 いたに じゅんいちろう

学術

掲載時肩書人類学者
掲載期間1991/02/01〜1991/02/28
出身地鳥取県
生年月日1926/05/09
掲載回数
執筆時年齢65 歳
最終学歴
京都大学
学歴その他鳥取農 林専門
入社大学院
配偶者川喜田二 郎妻妹
主な仕事都井岬ニホンザル、霊長研G,個体識別 法、高崎山、アフリカ類人猿、自然人類学、ピグミー、
恩師今西錦司
人脈宮地伝三郎先生、河合政雄(1下)、 渋沢敬三、土川元夫、
備考父・画家

伊谷 純一郎 (いたに じゅんいちろう、1926年5月9日 - 2001年8月19日)は、日本の生態学者、人類学者、霊長類学者。京都大学名誉教授理学博士(京都大学、1962年)。今西錦司の跡を継ぎ、日本の霊長類研究を世界最高水準のものとした。鳥取県鳥取市生まれ。

[ 前のページに戻る ]