仲代達矢 なかだい たつや

映画演劇

掲載時肩書俳優
掲載期間2005/11/01〜2005/11/30
出身地東京都
生年月日1932/12/13
掲載回数29 回
執筆時年齢73 歳
最終学歴
高等学校
学歴その他
入社俳優座 養成所
配偶者宮崎恭子
主な仕事フリー宣言、「人間の条件」(小林)、無 名塾、「乱」(黒沢)
恩師・恩人
人脈月丘夢路(井上)、同期(佐藤慶・充、中谷一郎、宇津井健)、三船・錦之介(喧嘩)、役所広司、
備考
論評

日経「私の履歴書」に登場した男優は今まで12名いますが、彼のように国内外の映画の主演賞受け、かつ文化勲章も受けている人はいません。彼が「日本映画の黄金時代」 PHP新書(春日太一著)に映画や舞台の思いや内情を語ってくれています。私が知らない情報を下記に抽出しました。彼は日活から専属契約を要請されたとき、「日活の専属になると、俳優座をやめなければいけない。でも、芝居もやりたい、映画もやりたいという欲望があって、それで、どこの映画会社の専属にならない選択をした。これにより、年間の半分を映画、半分を芝居ができ、すばらしき監督や女優、作品に恵まれることができたのでした。

1.黒澤明監督の 「用心棒」「椿三十郎」「天国と地獄」などの思い出
黒澤さんは、時代劇映画に不満がありました。人を斬るのに奇麗に舞うようにでは、斬れないと。当時の時代劇の所作をもっと生々しいものにしたのは黒澤さんでした。人を斬ったら血は出るんだ。(「椿三十郎」のラストで三船に仲代が斬られ、心臓の血が噴き出すシーン)

2.萬屋錦之助、三船敏郎、勝新太郎の殺陣の見どころ
華麗に舞うようにチャンバラがうまかったのは萬屋さん。三船さんは実際、バツン、バツン、バツンと斬っていて、そのスピード感(10秒で10人)がすごかった。勝さんは座頭市で真骨頂を見せましたけど、斬った後の余韻がうまかったですね。彼の場合、斬った後、それをスッと鞘に納めるまでが立ち回りなのです。だから、その余韻が残るんです。

3.女優の性格
「女優」は「女」とは違う。例えば、衣装合わせをする場合、監督が「この役だからこの衣装だ」というと、「私その柄が気に入らない。私の好み、こっち」というのが女優。人の迷惑を考えずに自己主張をしていく。いい意味でわがまま放題です。だから、いくら女優として魅力的であっても、女性としては魅力的ではなくなってしまう。こういうのを見ていると女優さんは、やはり別の生き物のような気がします。

そして彼は、今はプロダクションの時代だと言います。今の芸能界は、吉本、ジャニーズ、ホリプロ、これが芝居まで進出してきている。昔は俳優座、民藝、それから文学座が占めていました。しかし、今はもうチョッとテレビで売れたのをホリプロさんなんかはかき集めてきて、芝居の主役に使ってしまう。「でも、声が通らないから、舞台でもマイクを付けて上がってね」と。発声の訓練、時代劇や現代劇の立ち振る舞いなどの初歩的な所作をじっくり勉強する時間がないので即席となってしまう。これでは立派な舞台俳優や映画俳優は育たないという。へぇー、こういう時代になっているのだと驚くことばかりでした。

なかだい たつや
仲代 達矢
仲代 達矢
本名 仲代 元久(なかだい もとひさ)
生年月日 (1932-12-13) 1932年12月13日(89歳)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市目黒区(現・東京都目黒区
身長 178 cm
血液型 B型
職業 俳優
ジャンル 演劇映画テレビドラマ
活動期間 1952年 -
活動内容 1952年俳優座養成所
1955年:俳優座入団
1959年:『人間の條件
1962年:『切腹
1966年:『大菩薩峠
1972年:『新・平家物語
1975年無名塾創立
1976年:『不毛地帯
1979年俳優座退団
1980年:『影武者
1985年:『
1996年紫綬褒章
2003年勲四等旭日小綬章
2007年文化功労者
2015年文化勲章
2018年:『海辺のリア
配偶者 宮崎恭子[1]
著名な家族 仲代奈緒(養女)
所属劇団 劇団俳優座1952年 - 1979年
無名塾1979年 - )
事務所 仕事
主な作品
演劇
令嬢ジュリー』/『東海道四谷怪談
ハムレット』/『オセロ
友達』/『リチャード三世
どん底』/『ソルネス
ドライビング・ミス・デイジー
マクベス』/『肝っ玉おっ母と子供たち
バリモア』/『炎の人
映画
人間の條件』/『野獣死すべし
用心棒』/『椿三十郎
切腹』/『天国と地獄
大菩薩峠』/『四谷怪談
他人の顔』/『殺人狂時代
上意討ち 拝領妻始末』/『御用金
華麗なる一族』/『金環蝕
不毛地帯』/『闇の狩人
雲霧仁左衛門』/『影武者
二百三高地』/『鬼龍院花子の生涯
』/『北の螢
ハチ公物語』/『金融腐食列島 呪縛
春との旅』/『海辺のリア
テレビドラマ
ゴメスの名はゴメス』/『新・平家物語
砂の器』/『影狩り
飢餓海峡』/『忠臣蔵 風の巻・雲の巻
大地の子』/『清左衛門残日録
秀吉』/『風林火山
 
受賞
日本アカデミー賞
優秀主演男優賞
1982年鬼龍院花子の生涯
1986年熱海殺人事件』『
協会栄誉賞
2015年
ブルーリボン賞
主演男優賞
1962年切腹
1980年影武者』『二百三高地
その他の賞
キネマ旬報賞
男優賞
1962年切腹』『椿三十郎
毎日映画コンクール
主演男優賞
1961年人間の条件・完結篇
1980年影武者
紀伊國屋演劇賞
個人賞
1974年リチャード三世』『友達
1993年リチャード三世
芸術選奨文部大臣賞
1975年どん底』『令嬢ジュリー
毎日芸術賞
1975年どん底』『令嬢ジュリー
文化庁芸術祭賞
優秀賞
1980年ソルネス
文化庁芸術祭賞
大賞
2005年
京都国際映画祭
三船敏郎
2015年
高崎映画祭
最優秀主演男優賞
2018年海辺のリア
芸術文化勲章
1992年
紫綬褒章
1996年
勲四等旭日小綬章
2003年
文化功労者
2007年
文化勲章
2015年
テンプレートを表示

仲代 達矢(なかだい たつや、1932年12月13日 - )は、日本俳優無名塾主宰。

愛称はモヤ[2][3][注釈 1]仕事所属。本名︰仲代 元久(なかだい もとひさ)[2]

劇団俳優座出身で演劇映画テレビドラマで活動を続け、映画全盛期から斜陽時代以降までの映画界を支えてきた代表的俳優である[4][5]

  1. ^ 仲代達矢89歳が見せる役者魂 「いのちぼうにふろう物語」に主演”. 産経ニュース (2022年9月14日). 2022年9月14日閲覧。
  2. ^ a b c (語る 人生の贈りもの)仲代達矢:7 俳優への道、誰もが驚いた”. 朝日新聞デジタル. 2022年9月9日閲覧。
  3. ^ 五社英雄 極彩色のエンターテイナー 総特集 河出書房新社〈KAWADE夢ムック〉、2014年 p.11-18 ISBN 978-4309978512
  4. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「edb」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
  5. ^ 仲代 達矢 略歴”. KINENOTE. 2022年9月9日閲覧。


引用エラー: 「注釈」という名前のグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="注釈"/> タグが見つかりません

[ 前のページに戻る ]