二階堂進 にかいどう すすむ

政治

掲載時肩書自由民主党副総裁
掲載期間1986/01/01〜1986/01/31
出身地鹿児島県
生年月日1909/10/16
掲載回数30 回
執筆時年齢77 歳
最終学歴
米国南カリフォルニア大学
学歴その他パサディナ初等大学
入社米国八百屋
配偶者記載なし
主な仕事3度高校受験失敗、渡米(21歳)、各種アルバイト、喀血、帰国(31)、外務省嘱託、議員37歳(2勝3敗)
恩師・恩人田中角栄
人脈賀川豊彦、石川達三、迫水久常、山中貞則、床次徳二、佐藤栄作、橋本登美三郎、愛知揆一、
備考神宮寺主13代目
論評

1909年(明治42年)10月16日 – 2000年(平成12年)2月3日)は鹿児島県生まれ。政治家。衆議院議員(通算16期)。科学技術庁長官、北海道開発庁長官、内閣官房長官、自由民主党総務会長、自由民主党幹事長、自由民主党副総裁などを歴任。自民党では同じ吉田学校出身の佐藤栄作の側近として活躍し、1957年には橋本登美三郎・愛知揆一・保利茂・松野頼三らとともに周山会(佐藤派)を結成する。党内では労働政務次官、衆議院建設委員長、商工委員長などを歴任。その間田中角栄と商工委員長時代に面識を持ち、「趣味は田中角栄」と公言する程、惚れ込む。

1.政治家への志
私が政治家になった源をたずねていくと、青春時代のアメリカ体験にたどり着く。昭和6年(1931)から16年(1941)まで、私は留学生として米国ロサンゼルスにいた。日米関係が坂道を転がるように悪化した10年間だった。満州事変(6年)、満州国建国宣言(7年)、国際連盟脱退(8年)などをきっかけに、米国の排日運動は日に日に激しいものになっていった。働きながら学んでいる私の身の上にも、対日非難の嵐は容赦なく襲いかかってきた。その冷たい風を受けながら祖国日本のことを思い、日米関係の将来を考えることが、政治家になろうと心に決めた動機である。
 苦学生だった私に大きな夢を与えてくれたのは、ルーズベルト大統領がラジオを通じて、国民に直接語りかける「炉辺談話」であった。彼はドイツ、イタリア、日本の軍国主義が、アメリカのデモクラシーを脅かしていることをわかりやすく述べた後で、必ず「あなた方は、どちらを選びますか」という問いかけをした。その親しみやすい語り口は、いかにもアメリカン・デモクラシーの象徴で、異邦人の私も感銘を受けたのだった。

2.米国講演旅行(学生時代)
日華事変(1937)をきっかけに、反日感情は日本品ボイコット運動にまで発展した。日米関係の険悪化を肌身に感じながら、私は日本人として今「何をすべきか、何ができるのか」と自問自答し、悩み、焦燥感に駆られた。「そうだ、全米各地を講演して回ろう。日本の苦境を訴えて、少しでも相互理解を求めよう」。
 大学の夏休みは3か月ある。1か月をアルバイトに精出せば、多少軍資金も作れる。私の決意に、同じ南カリフォルニア大学で勉強中の牧秀司君(鹿児島出身)と井上寅雄君(福岡出身)が賛成してくれた。ロス領事館の太田一郎領事に相談すると、激励され、全国各地にある日本人会への紹介状を書いてくれた。そして日本観光協会は、日本紹介の映画フィルムを貸し出してくれた。かくして3人は、約2か月間の講演旅行に出発した。私が演説係、井上君と牧君は運転と映写係。昭和13年(1938)のことである。
 講演旅行のコースは、ロサンゼルスを出発、アリゾナ、テキサスを経て北へのぼり、カンザスから中部地方を回ってマイアミへ。そこから大西洋岸を北上してワシントンDC,ボストンへ、さらにミシガン、テネシー、ミネソタ、ワシントンの各州を回ってシアトル、オレゴンへと、47州、1万6千キロに及んだが、多くを学んだ。

3.外務省嘱託で感じたこと
昭和16年(1941)8月に31歳で帰国した。そして外務省調査部の嘱託になったが、私の主な仕事は、米国の短波放送を受信し、翻訳し、それに対するわが国の対応、宣伝をどうするかという仕事を手伝うことだった。当時の局長は後に外務大臣になった岡崎勝男氏、課長は後に駐米大使になった朝海浩一郎氏だった。外交官試験をパスしたエリートの若い事務官は、冬は暖かいストーブの周りでとりとめもない雑談に花をさかせ、嘱託のわれわれを「おい、キミ」といって、こき使うのだった。こんなとき、「日本の役所は高文に合格した人が一番偉くて、そのほかの役人は全く問題にされないのか。皆、お国のことを思って一生懸命働いているのではないか。それなのに、若い事務官はぬくぬくとストーブに当たりながら横柄な態度で年輩者をあしらっている。こんなことでいいのか」。私はこの時の経験で、米国ではエリートほどよく働くから、日本の官僚制度と官僚主義が大嫌いになった。長く勤めるところではないと思った。

二階堂 進
にかいどう すすむ
Nikaido Susumu Bust.JPG
二階堂家住宅(鹿児島県肝付町)内に建立された胸像
生年月日 1909年10月16日
出生地 日本の旗 日本 鹿児島県肝属郡高山村(現肝付町
没年月日 (2000-02-03) 2000年2月3日(90歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京都新宿区
出身校 アメリカ合衆国の旗 南カリフォルニア大学
前職 衆議院議員秘書
新日本プロレスコミッショナー
所属政党日本協同党→)
協同民主党→)
国民協同党→)
民主自由党→)
自由党→)
自由民主党
称号 従二位
JPN Toka-sho BAR.svg 勲一等旭日桐花大綬章
衆議院永年在職議員
国際関係学修士

日本の旗 第32-33代 内閣官房長官
内閣 第1次田中角栄内閣
第2次田中角栄内閣
第2次田中角栄第1次改造内閣
在任期間 1972年7月7日 - 1974年11月11日

内閣 第1次佐藤第3次改造内閣
第2次佐藤内閣
在任期間 1966年12月3日 - 1967年11月25日

選挙区 鹿児島県全県区(大選挙区)→
鹿児島県第3区
当選回数 16回
在任期間 1946年4月11日 - 1947年3月31日
1949年1月23日 - 1952年8月28日
1955年2月27日 - 1996年9月27日

その他の職歴
Liberal Democratic Party (Japan) Emblem.jpg 自由民主党副総裁
(総裁: 中曽根康弘
1984年4月 - 1986年7月
Liberal Democratic Party (Japan) Emblem.jpg 第23-24代 自由民主党幹事長
(総裁: 鈴木善幸中曽根康弘
1981年11月 - 1983年12月
Liberal Democratic Party (Japan) Emblem.jpg 第24代 自由民主党総務会長
(総裁: 鈴木善幸
1980年 - 1981年
Liberal Democratic Party (Japan) Emblem.jpg 第16代 自由民主党幹事長
(総裁: 田中角栄
1974年11月 - 1974年12月
テンプレートを表示

二階堂 進(にかいどう すすむ、1909年〈明治42年〉10月16日 - 2000年〈平成12年〉2月3日[1])は、日本政治家

衆議院議員(16期)、科学技術庁長官北海道開発庁長官内閣官房長官自由民主党総務会長自由民主党幹事長自由民主党副総裁などを歴任。

  1. ^ 二階堂進』 - コトバンク
[ 前のページに戻る ]