久保田万太郎 くぼた まんたろう

文芸

掲載時肩書作家
掲載期間1957/01/12〜1957/01/26
出身地東京都
生年月日1889/11/07
掲載回数14 回
執筆時年齢68 歳
最終学歴
慶應大学
学歴その他慶應予科
入社寄稿
配偶者友人養女、喜多村禄郎媒酌
主な仕事戯曲、俳句、古劇研究会、国民文芸会、慶応講師、「大寺学校」、東京中央放送局、「文学座」
恩師小山内薫 、永井荷風
人脈水上廉太郎、沢木四方吉、小泉信三、芥川、久米、岸田国士、泉鏡花、奥野信太郎
備考無道楽 、勝負事無
論評

1889年(明治22年)11月7日 – 1963年(昭和38年)5月6日)は東京浅草生まれ。小説家、劇作家、俳人。耽美派(三田派)の新進作家として登場。劇作でも慶大在学中から注目され 、築地座を経て文学座創立に参加。新派、新劇、歌舞伎の脚色・演出と多方面に活動を展開 。日本演劇協会会長を務め、文壇・劇壇に重きをなした。小説戯曲共に多くは浅草が舞台で、江戸情緒を盛り込んだ情話で長く活躍。文人俳句の代表作家 としても知られ、俳誌「春燈」を創刊・主宰した。

1.慶応予科の文科
明治42年(1909:21歳)のとき、慶応普通部を出て、大学予科に入った。そのとき、ぼくの文科を選んだことが、いかに同級生たちの笑いものになったことか。それはそうだろう、その頃の慶應義塾の文科といったら、あってなきに等しい存在だったのだから。・・・およそ文学に縁のない“文科”だったのだから・・・学生の数にしても、予科、本科をあわせて、14,5人しかいないという、お話にならない貧乏所帯だったのだから。
―お前、文学をやるんなら、わるいことはいわないから、早稲田へ行けよーと本気で言ってくれる仲間もいた。が、こっちにすると本気で文学をやるつもりはなく、徴兵猶予の切れるまでの期間を、ただ少しでも好きなミチクサが喰いたかったからである。

2.三田文学の創刊
翌明治43年(1910:22歳)に突然 “文科の機構に大改革があり、森鴎外、上田敏を顧問に、永井荷風が入って事実上の主任教授となり、「三田文学」という機関雑誌が創刊される”ことになった。この発表の掲示を見出した時のぼくのよろこび・・・・とはいうまでもない。翌年6月、初めて書いた「小説朝顔」が、7月、初めて書いた戯曲「遊戯」が、ともに「三田文学」に載った。「朝顔」は毎日新聞で小宮豊隆に、「遊戯」は国民新聞で島村抱月に、おもいもよらず褒められた。別に、その前、博文館の雑誌「太陽」の募集にひそかに応じた戯曲「プロローグ」が小山内薫によって認められ、やっぱり7月、その雑誌に掲載された。

3.慶応の嘱託と結婚
大正8年(1919:31歳)4月、慶応大学の嘱託になった。と、いうことは、文学部予科の「作文」の先生になったのである。そしてぼくは、その後大正15年までの7年間、この非常勤の、月給11円の先生を勤めた。
 6月、喜多村禄郎の媒酌で、子供時代からの友達大場惣太郎養女京と結婚した。山谷の「八百善」で披露した・・・といっても、ぼくが自分でしたのではなく、親たちがしてくれたのだ。「国民文芸会」のれきれきも喜んで来てくれ、余興に、吉原の芸妓が「高砂丹前」を踊ってくれた。

4.芥川竜之介への思い
彼は第三中学で、ぼくの二年下にいたというのだが・・すなわちぼくの三年の時、一年にいたわけだが、そのときぼくは、ちっとも知らなかった。知りあったのは、ずっとあと・・・・かれが立派に新進作家になってからで、さらに、もっと、割った付合いをやるようになったのは、ぼくが日暮里に住むようになってからだった。ぼくの家と、彼の田端の家とはほとんど崖つづきだった。ときどき思い出したように、我々は、きわめて自由に、訪ねたり、訪ねられたりした。
 彼については、ぼくはいろいろ書きすぎるほど書いている。が、ただ一つ、今まで言わなかったことがある。それは、もう一年、彼が命をながらえたら、決して、ああした挙措にはでなかったであろうとともに、文学の制作は制作として、べつに、何か、職業(もちろん、文学につづき合いをもつ)をもったのではあるまいか・・・といううたがいである。彼には指導者としての才能が十分にあった。ぼくが一度捨てた俳句を、再び手元に引き寄せるにいったのも、偏に、この時代、彼を「隣人」に持ったからである。

久保田 万太郎
(くぼた まんたろう)
Kubota Mantaro.JPG
1955年
ペンネーム 千野菊次郎
誕生 1889年11月7日
日本の旗 日本東京府東京市浅草区
(現・台東区
死没 (1963-05-06) 1963年5月6日(73歳没)
日本の旗 日本東京都新宿区信濃町
墓地 日本の旗 日本喜福寺
職業 小説家劇作家俳人
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士文学
最終学歴 慶應義塾大学文学科
活動期間 1912年 - 1963年
ジャンル 小説戯曲俳句
文学活動 江戸文化
歌舞伎評論
新派
代表作末枯』(1917年)
大寺学校』(1927年,戯曲)
『道芝』(1927年,句集)
春泥』(1928年)
『花冷え』(1938年)
『市井人』(1949年)
三の酉』(1956年)
主な受賞歴 菊池寛賞(1942年)
読売文学賞(1957年)
NHK放送文化賞(1951年)
文化勲章(1957年)
従三位勲一等瑞宝章(没時叙位叙勲)
デビュー作 『浅草』(1912年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

久保田 万太郎(くぼた まんたろう、1889年明治22年)11月7日 - 1963年昭和38年)5月6日)は、日本の小説家劇作家俳人。俳号はじめ暮雨。のち傘雨[1]。他に筆名千野菊次郎。

浅草生まれ。耽美派三田派)の新進作家として登場。劇作でも慶大在学中から注目され[2]、築地座を経て文学座創立に参加。新派新劇歌舞伎の脚色・演出と多方面に活動を展開[3]日本演劇協会会長を務め、文壇・劇壇に重きをなした。小説戯曲共に多くは浅草が舞台で、江戸情緒を盛り込んだ情話で長く活躍。文人俳句の代表作家[4] としても知られ、俳誌「春燈」を創刊・主宰した。芸術院会員。文化勲章受章。

  1. ^ ただし後藤杜三によると傘雨というのは洒落名であり、句集はみな「久保田万太郎」名で出しているから俳号ではないという
  2. ^ 『コンサイス日本人名大事典〔改訂版〕』453頁(三省堂、1990)。
  3. ^ 『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典〔第2版改訂版〕』(TBSブリタニカ)。
  4. ^ 小島政二郎は、俳人として芭蕉以来の天才というフレーズをつけた
[ 前のページに戻る ]