丹下健三 たんげ けんぞう

建築

掲載時肩書建築家
掲載期間1983/09/10〜1983/10/10
出身地大阪府
生年月日1913/09/04
掲載回数31 回
執筆時年齢70 歳
最終学歴
東京大学
学歴その他広島高校
入社前川建築 事務所
配偶者母親似
主な仕事大学院、助教授、広島原爆記念、東京都 庁、MIT教授、代々木競技場、万博、
恩師
人脈磯崎新・黒田紀章(弟子)、 勅使河原蒼風、亀倉雄策、
備考ル・コルビジェ
丹下健三
Kenzo Tange 1981.jpg
生誕1913年大正2年)9月4日
大阪府堺市
死没 (2005-03-22) 2005年3月22日(91歳没)
東京都港区
国籍日本の旗 日本
出身校東京帝国大学
職業建築家
受賞日本建築学会賞(1954、55、58年)
RIBAゴールドメダル(1965年)
AIAゴールドメダル(1966年)
文化勲章(1980年)
プリツカー賞(1987年)
高松宮殿下記念世界文化賞(1993年)
勲一等瑞宝章(1994年)
所属 丹下都市建築設計
建築物 広島平和記念公園
香川県庁舎
東京カテドラル聖マリア大聖堂
代々木第一体育館
山梨文化会館
静岡新聞静岡放送本社ビル
東京都庁舎
代々木第一体育館 1964

丹下 健三(たんげ けんぞう、1913年大正2年)9月4日 - 2005年平成17年)3月22日)は日本建築家都市計画家一級建築士(登録番号第15182号)。

日本では「世界のタンゲ」と言われたように、日本人建築家として最も早く日本国外でも活躍し、認知された一人。第二次世界大戦復興後から高度経済成長期にかけて、多くの国家プロジェクトを手がける。磯崎新黒川紀章槇文彦谷口吉生などの世界的建築家を育成した。位階勲等従三位勲一等瑞宝章文化勲章受章。フランス政府よりレジオンドヌール勲章受章。カトリック信徒(洗礼名:ヨセフ)。

[ 前のページに戻る ]