中山義秀 なかやま ぎしゅう

文芸

掲載時肩書作家
掲載期間1960/05/29〜1960/06/22
出身地福島県
生年月日1900/10/05
掲載回数25 回
執筆時年齢60 歳
最終学歴
早稲田大学
学歴その他早大予
入社県立津中
配偶者会津・家付き娘
主な仕事成田中学、2度の学園紛争で責任、芸術共和国、「碑」
恩師横光利一
人脈尾崎士郎、井伏鱒二、中野好夫、清水崑、桔梗五郎、武者小路、石川達三、宇野浩二
備考キリスト教
論評

1900年10月5日 – 1969年8月19日)は福島県生まれ。小説家。横光利一に兄事し、無名時代の長い苦節を経て『厚物咲』『碑』で文壇に登場。以後作家として幅広く活躍した。後年は、戦国武将物や剣豪物を多く書いた。早稲田大学在学中に、横光利一、富ノ澤麟太郎、小島勗らと同人誌『塔』を創刊。校長排斥運動に連座して職を追われ、妻の死など苦難の後、1936年に最初の小説集『電光』を刊行、小林秀雄に認められる。1938年、岩瀬郡長沼町(現須賀川市)を舞台にした『厚物咲』で第7回芥川賞。翌年、幕末天狗党に加わった祖父をモデルに『碑』を発表し、文壇での評価を高める。小説『穴』を発表。また、帆足図南次と『農民リーフレット』を発刊。1948年に戦中の取材を元に『テニヤンの末日』 を発表したほか、『新剣豪伝』『信夫の鷹』 、明智光秀を描いた『咲庵』(『群像』1963年1月-1964年2月。8月刊)などの歴史小説や、兄事した横光の生を描く『台上の月』 などを書いた。

1.調教師・横光利一
大正7年(1918)、早稲田予科に入学した。まもなく横光を知った。彼との交遊が、私の将来を決定することになる。彼は文学に対して、私を開眼させてくれたばかりでなく、野生の子猿を訓練してくれた、無類の調教師でもあった。「文学をやるなら、まず机の前に端座することを覚えろ」
 そう教えてくれたのは、横光である。彼は私より2歳上で、早稲田の文科も2年先輩だったが、一度学校をよして、再び戻ってきたとき、私と一緒のクラスになった。このころの横光は、肩に波うつ髪、蒼白い顔、唇をきっと結んで痩せ身の胸をそらせ、あたりを睥睨していたが、それが当時の文学青年の典型だった。いつも下宿の一室に閉じこもり、夜は読書や創作に専念して、一歩も外に出ない。世俗の社会や生活から隔絶して、ひとりミューズの女神に仕えること、これが彼の信条とするところ、
 「のう、中山、世間は我々を、文士文士と言って軽蔑している。社会や国家は、我々に何の保護も恩恵も与えないし、父母兄弟すら、我々の仕事に反対している。しかし、それだからこそ、遣り甲斐があるのだ」と。

2.新人作家の栄誉は有名評論家から褒められること
昭和12年(1937)秋、私は満37歳を迎えていた。「文学界」などに自信作として寄稿しても、あまり良い評価は得られず、悶々とした日が続いていた。改造社の編集者だった桔梗五郎が年末に近づいたころ、「二月は新人号だ。義秀さん、もう一度頑張って、私の雑誌に書いてみないか」と誘ってくれた。
 私としては、一も二もない。ひと月アパートの居室にこもって、60枚ばかりの短編を書いた。桔梗は早速、それを読んで、「これは面白い。これなら、立派に通る。しかし、題が平凡でよくないな」「なんとしたらよいだろう。景気のよい題はないか」と問う。
 桔梗はしばらく考えて、「作品の中に、栄耀という文字を使っている。栄耀がいいじゃないか」「じゃそうしよう」。これが翌13年の「文芸」2月号に発表され、小林秀雄が新聞時評で、とりあげてくれた。当時小林の名声は、文壇を風靡する概があった。作品鑑賞の正確と鋭敏さにかけては、正宗白鳥、川端康成と並ぶ権威である。新人作家などはこの3人に認められることを、栄誉としたものだ。とくに小林の存在は、新時代の目標だった。小林の推称は、私の意外としたところだが、同時に私の喜びでもあった。さんざんに模索したはて、これでやっと自信がついたような気持になった。

中山 義秀
Nakayama Gishu.JPG
朝日新聞社 - 『アサヒグラフ』 1955年10月19日号
誕生 中山 議秀
1900年10月5日
福島県西白河郡大屋村
死没 (1969-08-19) 1969年8月19日(68歳没)
日本の旗 日本 東京都港区虎ノ門
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 早稲田大学英文科卒業
ジャンル 小説
代表作厚物咲』(1938年)
』(1939年)
テニヤンの末日』(1948年)
台上の月』(1962-63年)
咲庵』(1963-64年)
主な受賞歴 芥川龍之介賞(1938年)
野間文芸賞(1964年)
日本芸術院賞(1965年度)
配偶者 真杉静枝
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

中山 義秀(なかやま ぎしゅう、1900年10月5日 - 1969年8月19日[1][2])は、日本小説家。本名、議秀(よしひで)。横光利一に兄事し、無名時代の長い苦節を経て『厚物咲』『碑』で文壇に登場[3]。以後作家として幅広く活躍した。後年は、戦国武将物や剣豪物を多く書いた[4]日本芸術院会員。

  1. ^ 成田ゆかりの人々 (PDF)”. 成田市. 2019年3月23日閲覧。
  2. ^ 中山義秀(なかやまぎしゅう)とは”. コトバンク. 2019年3月23日閲覧。
  3. ^ 保昌正夫「中山義秀」久松潜一他4名編『現代日本文学大事典』824頁(明治書院、1965)。
  4. ^ 保昌正夫「中山義秀」久松潜一他4名編『現代日本文学大事典』824頁(明治書院、1965)。
[ 前のページに戻る ]