中山義秀 なかやま ぎしゅう

文芸

掲載時肩書作家
掲載期間1960/05/29〜1960/06/22
出身地福島県
生年月日1900/10/05
掲載回数25 回
執筆時年齢60 歳
最終学歴
早稲田大学
学歴その他早大予
入社県立津中
配偶者
主な仕事2度の学園紛争で責任、「碑」
恩師横光利一
人脈中野好夫、清水崑
備考
中山 義秀
Nakayama Gishu.JPG
朝日新聞社 - 『アサヒグラフ』 1955年10月19日号
誕生 中山 議秀
1900年10月5日
福島県西白河郡大屋村
死没 (1969-08-19) 1969年8月19日(68歳没)
日本の旗 日本 東京都港区虎ノ門
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 早稲田大学英文科卒業
ジャンル 小説
代表作厚物咲』(1938年)
』(1939年)
テニヤンの末日』(1948年)
台上の月』(1962-63年)
咲庵』(1963-64年)
主な受賞歴 芥川龍之介賞(1938年)
野間文芸賞(1964年)
日本芸術院賞(1965年度)
配偶者 真杉静枝
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

中山 義秀(なかやま ぎしゅう、1900年10月5日 - 1969年8月19日[1][2])は、日本小説家。本名、議秀(よしひで)。横光利一に兄事し、無名時代の長い苦節を経て『厚物咲』『碑』で文壇に登場[3]。以後作家として幅広く活躍した。後年は、戦国武将物や剣豪物を多く書いた[4]日本芸術院会員。

  1. ^ 成田ゆかりの人々 (PDF)”. 成田市. 2019年3月23日閲覧。
  2. ^ 中山義秀(なかやまぎしゅう)とは”. コトバンク. 2019年3月23日閲覧。
  3. ^ 保昌正夫「中山義秀」久松潜一他4名編『現代日本文学大事典』824頁(明治書院、1965)。
  4. ^ 保昌正夫「中山義秀」久松潜一他4名編『現代日本文学大事典』824頁(明治書院、1965)。
[ 前のページに戻る ]