三船久蔵 みふね きゅうぞう

スポーツ

掲載時肩書講道館十段
掲載期間1957/10/14〜1957/10/28
出身地岩手県
生年月日1883/04/21
掲載回数15 回
執筆時年齢74 歳
最終学歴
慶應大学
学歴その他早大予
入社東大柔 道指導
配偶者2日で 結婚
主な仕事講道館、「心神一致」、段位年表、明大・日大等師範、7段空気投げ、天覧試合
恩師嘉納治五郎
人脈横山作次郎6段、
備考
みふね きゅうぞう
三船 久蔵
Kyuzou Mifune (restoration).jpg
生誕1883年4月21日
岩手県九戸郡久慈町(のちの久慈市
死没 (1965-01-27) 1965年1月27日(81歳没)
記念碑三船十段記念館
国籍日本の旗 日本
職業柔道家
身長159 cm (5 ft 3 in)
体重55 kg (121 lb)
肩書き講道館柔道十段
大日本武徳会柔道範士
受賞正四位
勲二等瑞宝章
勲三等旭日中綬章
紫綬褒章
文化功労者
久慈市名誉市民

三船 久蔵(みふね きゅうぞう、1883年明治16年〉4月21日 - 1965年昭和40年〉1月27日)は、日本柔道家段位講道館柔道十段大日本武徳会柔道範士

身長159 cm、体重55 kg。小柄な体型ながら空気投げなどの新技をあみ出し、1945年(昭和20年)最高位の十段を授けられ名人の称を受ける。「理論の嘉納、実践の三船」といわれ、柔道創始者である嘉納治五郎の理論を実践することに力をいれたことから柔道の神様とあがめられた。出身地の岩手県久慈市三船十段記念館が建てられた。

[ 前のページに戻る ]