ルイス・ガースナー ルイス ガースナー

精密

掲載時肩書米IBM会長
掲載期間2002/11/01〜2002/11/30
出身地アメリカ合衆国
生年月日1942/03/01
掲載回数29 回
執筆時年齢60 歳
最終学歴
米国ハーバード大学
学歴その他ダート マス
入社マッキンゼー
配偶者銀行員女性
主な仕事アメックス、RJRナビスコ社長、IBM、インテル、マイクロソフトと競争、network化、
恩師ジム・バーグ(J&J)
人脈大前研一、同期7人(一人がパートナーに昇格で残りは退社)、トム・ワトソン・シニア(創業)、槇原稔、椎名武雄、出井伸之,、サム・パルミサーノ
備考父運転手、母教育ママ、兄(IBM)
論評

1942年3月1日 – )は米国生まれ。アメリカン・エキスプレス会長兼最高経営責任者(CEO)、RJRナビスコ会長兼最高経営責任者(CEO)、IBM会長兼最高経営責任者(CEO)、カーライル・グループ会長を歴任したアメリカを代表する経営者の1人である。1993年4月、IBM初となる外部招請の会長兼最高経営責任者(CEO)に就任した。1991年28億ドルに上る創業初の赤字を計上し、1993年までの3年間で累積赤字総額150億ドルに陥ったIBMを経営再建し、ネットワーク・コンピューティング(1995年)、e-ビジネス(1997年)を提唱した。

1.IBMへの誘いと候補
同じアパートの最上階に住んでいるジョンソン&ジョンソンの会長ジム・バーグ氏から、1992年12月14日夜、「近いうちにIBMのトップの座が空くので、就任を考えて欲しい」と頼まれた。これには驚いた。翌93年1月26日、IBMはジョン・エイカーズ会長が引退し、後任候補を広く選考するための委員会を設置すると発表した。その委員長はバーグ氏。彼からは就任を促す電話がすぐに来たが、私は辞退し続けた。
 委員会は候補枠を広げ、全米の一流企業トップの名が次つぎに浮上した。マスコミにはGEのジャック・ウエルチ、アライド・シグナル社のラリー・ボンディ、モトローラ社のジョージ・フィッシャー、さらにはマイクロソフト社のビル・ゲイツの名前まで挙がった。

2.ハーバード大ビジネススクール(1963年秋)で学ぶ
ここは猛勉強を強いるところだった。特に1年目はきつかった。当時は土曜日も授業があり、週に6日授業に出なければならなかった。授業はすべてケーススタディーだった。具体的な事例を読んで議論する。それまで高校、大学では読書して事実を集め、分析して正解を考えるという古典的な教育を受けてきた。だがこうした事例研究では正解がない。最初はそれに戸惑い、ややイライラした。
 ハーバードは作文指導でも優れていた。隔週で事例研究のレポートが義務付けられ、土曜日午後5時までに郵便受けのような箱に投函しなければならなかった。レポートの枚数は8~10枚。簡潔に、かつ効果的に分析し要約する訓練になった。翌週には成績評価が発表された。
 もう一つ、ここで学んだ重要なことはチームで仕事をすることの意味だった。一人で作業することはまれで、大抵の事例は集団で議論した。少なくても2,3人、時には6人編成でやった。これによりチームメートのそれぞれの性格や気質が良く分かった。社会に出て、仕事上、最も重要だと思うのは人を見る目を養うことだ。人物を見抜いて、やる気を起こさせ、適材適所に配置し、適切な指示を与えることだ。そうした人物評価の基礎訓練を、大学院のチーム作業で学んだと思う。

3.IBMの初日
1993年3月26日、ニューヨークのホテルで朝9時半に記者会見が始まった。私が登壇すると、40人近いカメラマンが押しかけ、会見中、絶え間なくフラシュを浴びながら、自分の人生が決定的に変わったことを実感した。今まで務めたアメックスやRJRナビスコでも注目はされたが、ここでは全く違い、私が公的な存在になっているのだ。IBMのCEOとは大統領や議員のような公職と同じようなのだとわかった。
 記者会見の後は社内会議だ。大会議室に案内され、そこで主要幹部50人ほどの経営会議メンバーと会った。私は自分の経営方針として「プロセスより原則重視」「悪い情報を隠すな」「敏速に急げ。急ぎ過ぎて間違えるのは、遅すぎて間違えるよりいい」「会議は最小限に減らせ」などを明示した。
 さらに最初の90日間の最優先事項と当面30日間の課題を提示した。各事業部門の責任者には「顧客の要望」「競争力の分析」「技術的な諸問題」「今後1,2年の展望と重要課題」などについて、10ページのレポートを提出するように求めた。

ルイス・ガースナー(Louis V. Gerstner, Jr. 1942年3月1日 - )は、アメリカン・エキスプレス会長兼最高経営責任者(CEO)、RJRナビスコ会長兼最高経営責任者(CEO)、IBM会長兼最高経営責任者(CEO)、カーライル・グループ会長を歴任したアメリカを代表する経営者の1人である。

ルイス・ガースナー
Lou Gerstner IBM CEO 1995.jpg
1995年頃
生誕1942年3月1日
ニューヨーク州ミネオラ
出身校ダートマス大学工学部卒業
職業アメリカン・エキスプレス元会長兼CEO
RJRナビスコ元会長兼CEO
IBM元会長兼CEO
カーライル・グループ会長
配偶者あり
子供あり
[ 前のページに戻る ]