ポール・ボルカー ぼるかー ぽーる

行政・司法

掲載時肩書元FRB議長
掲載期間2004/10/01〜2004/10/31
出身地アメリカ合衆国
生年月日1927/09/05
掲載回数
執筆時年齢77 歳
最終学歴
米国ハーバード大学
学歴その他プリン ストン
入社NY連銀
配偶者医師娘
主な仕事JPモルガン・チェース、財務省、FRB,ニクソン/ドル交換、プレストン、プラザ合意、長銀、
恩師身長193
人脈柏木雄介、ルービン・ジョージ・ソロス(英国で)、ロックフェラー、前川春雄、
備考父母:ドイツ系
追悼

氏は2019年12月8日に92歳で亡くなった。この「履歴書」に登場は2004年10月で77歳の時であった。国際金融マンとして外国からの登場は氏に続き、アラン・グリーンスパン(元FRB総裁、2008年:82歳)であり、ジャンクロフォード・トリシェ(前欧州銀行総裁、2014年:72歳)の3人でした。

氏はプリンストン大学の卒業論文に「物価の安定と中銀の独立が経済成長に欠かせない」と書いた実績を持つ。そしてハーバード大をも卒業後に20代でニューヨーク連銀のエコノミストに起用された。その後、40歳の若さで米財務次官として国際舞台に立った。ニクソン・ショック後のプラザ合意の米国主役はベーカー財務長官であったが、財務次官として裏方で支えた。この舞台裏を柏木雄介(元大蔵財務官、1986年9月:69歳)がこの「履歴書」に詳細に書いてくれている。氏が格闘したのはドルという怪物だった。71年8月、ニクソン大統領は金とドルの交換を停止した。ドル相場を切り下げて貿易赤字を是正するためだ。結果として米国はドルを自在に操るフリーハンドを確保したが、この時、氏は財務次官として政策立案に直接携わったのだった。

氏は1980年代に「インフレファイター」として剛腕を発揮したが、経済成長には「物価の安定」「健全な金融」「良き政府」の3つの条件が必要と主張した。そして、米経済が10%を超える高インフレに悩んでいたとき、政策金利を20%に引き上げて「インフレ退治」を徹底し鎮圧した。しかし、現在のトランプ大統領が「物価は上がらない。ドル高是正には追加利上げが必要だ」繰り返し現FRB議長に圧力をかけている。これに対して、氏とグリーンスパンらは米紙に「政策当局がわずかなインフレを許容すれば、真のインフレを招くことなる」警告を発する寄稿を行った。この強力な中立・独立論でパウエル現FRB議長は、トランプ大統領の外圧に抗する力を得ていると思う。

ポール・ボルカー
Paul Volcker
生誕 (1927-09-05) 1927年9月5日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニュージャージー州ケープ・メイ
死没 (2019-12-08) 2019年12月8日(92歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
母校 プリンストン大学
ハーバード大学
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス
テンプレートを表示

ポール・アドルフ・ボルカー・ジュニア英語: Paul Adolph Volcker、Jr.1927年9月5日 - 2019年12月8日)は、アメリカ合衆国経済学者カーターレーガン政権下(1979年 - 1987年)で第12代連邦準備制度理事会(FRB)議長を務めた。ロンドン大学スクール・オブ・エコノミクスフェロー。FRB議長として、アメリカを襲っていた高インフレに対処するため、政策金利を大幅に引き上げインフレを封じ込めた功績で知られる[1]

  1. ^ “ボルカー元FRB議長死去 92歳、80年代に「インフレ退治」”. 日本経済新聞. (2019年12月9日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53149960Z01C19A2MM8000/?n_cid=BMSR2P001_201912092332 2019年12月10日閲覧。 
[ 前のページに戻る ]