ピーター・ドラッカー どらっがー ぴーたー

学術

掲載時肩書クレアモント大教授
掲載期間2005/02/01〜2005/02/28
出身地オーストリア
生年月日1909/11/19
掲載回数
執筆時年齢96 歳
最終学歴
独国フランクフルト大学
学歴その他ハンブ ルグ大
入社17歳貿易 会社
配偶者学生友
主な仕事20歳analist,22歳記者、人間・社会に興味、GMコンサル、GE・IBM、分権化、目標管理、民営化
恩師
人脈父・弟子(シュンペーター)=ケインズ講義(商品)、デミング(QC)、盛田、立石、小林宏治、伊藤雅俊
備考マネジメント発明
Peter Drucker
ピーター・ドラッカー
Drucker5789.jpg
生誕 (1909-11-19) 1909年11月19日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国 ウィーン
死没 (2005-11-11) 2005年11月11日(95歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 クレアモント
研究分野 経営学社会学
出身校 フランクフルト大学
影響を
受けた人物
ヨーゼフ・シュンペーター
主な受賞歴 大統領自由勲章(2002年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ピーター・ファーディナンド・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker、ドイツ語名:ペーター・フェルディナント・ドルッカー 、1909年11月19日 - 2005年11月11日)は、オーストリアウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人[1]経営学者。「現代経営学」あるいは「マネジメント」(management) の発明者。

他人からは未来学者(フューチャリスト)と呼ばれたこともあった[2]が、自分では「社会生態学者」を名乗った。父・アドルフ・ドルッカーウィーン大学教授)と母・ボンディの間の子で、義理の叔父に公法学者国際法学者のハンス・ケルゼン(母方の叔母であるマルガレーテ・ボンディの夫)がいる。ドラッカーの自著によれば、父親はフリーメイソンのグランド・マスターだった[3]

  1. ^ 日本経済新聞社『ドラッカー20世紀を生きて -私の履歴書-』
  2. ^ 講談社現代新書の『アメリカ情報コレクション』内の枝川公一による「フューチャリスト」の項などで、アルヴィン・トフラーダニエル・ベルなどと並んでフューチャリストに挙げられている。
  3. ^ 自伝『傍観者の時代』
[ 前のページに戻る ]