ピエール・カルダン かるだん ぴえーる

デザイン

掲載時肩書デザイナー・実業家
掲載期間1996/04/01〜1996/04/30
出身地イタリアヴェネツィア
生年月日1922/07/02
掲載回数29 回
執筆時年齢73 歳
最終学歴
仏専門学校
学歴その他
入社洋裁店
配偶者ジャンヌ・モロー4年間
主な仕事仏国移住、ディオールから独立(28歳:デザイン・裁断・縫製)、紳士服、既製服に進出、食器・家具、劇場、マキシム、
恩師ディオール
人脈ジャン・コクトー、ジパンシー(5歳下)、 高田ヨシ、松本弘子、ユネスコ名誉大使、
備考父63歳、 母46歳で生まれた7人兄弟末っ子
追悼

氏は‘20年12月29日98歳で亡くなった。この履歴書に登場は1996年4月の73歳のときでした。親日家としても知られ、60年代の初めには東洋人初のパリコレモデルとして松本弘子さんを抜擢した。58年に初来日した際、1か月も滞在して立体裁断の講習を実演。森英恵さんや高田賢三さん、コシノジュンコさんらに伝授するなど日本の服飾文化の礎を築くのに貢献した。印象深かった記述はつぎのとおり。

1.フランスに移住
私がフランスに移住したのは2歳のとき、ムッソリーニのファシズムから逃れるためだった。私たち兄弟が2歳から9歳にかけて、グルノーブルや近くの小さな村を転々としたのも、職を求めてのことだった。
 私は学齢になると地元の公立小学校に通い始めたが、楽しいことばかりではなかった。私はフランス人から見れば、典型的な貧しいイタリア移民の子だった。イタリア人は「マカロニ」と呼ばれて差別されていた。私も8,9歳のころ「ちびマカロニ」と言われた。今の私は全く差別されていないから、こういう思い出を笑いながら話すことができる。しかし、幼い子供にとって、こんな忌々しいことはない。

2.クリスチャン・ディオールとの出会い
私はシャンゼリーゼにある有名なルネ・シモン演劇学校にも通った。俳優への希望もまだ持っていたからだ。しかし、4回ほど公演をやって俳優になれないと悟った。そんな25歳のときに知人が紹介してくれたのが、当時41歳のクリスチャン・ディオールだった。
 ディオールは女性的で優柔不断、何をしたいのかよく分からない時があったし、決めたことを変えることもよくあった。私はスポーツマンタイプでけんかっ早く挑戦的。全く正反対の人間だったから、仕事では難しい面もあった。しかし、美意識やエレガンスに関しては天才だった。私はエレガンスとは何か、どうすればエレガントになるかについて、実に多くのことを学んだ。

3.28歳の独立(屋根裏、元手は2万フラン)
ディオールとは些細なイザコザがあり、結局3年間働いたディオールのメゾン(洋裁店)を辞めた。この段階で、私の人生には俳優などいろいろな可能性があったかもしれない。しかし、私には「一番にならねばならない」という強迫観念があった。とにかく一番になりたかったのだ。モードには自信があった。
 私は、マドレーヌ寺院に近い屋根裏部屋で、メゾンを開く準備を始めた。借金も一切しなかったので、手持ちの2万フランだけだった。屋根裏だったが200㎡あった。28歳、ついに独立である。メゾンを開いた日、ディオールからバラが届いた。何と144本。入口のドアを通れないほどの巨大な花束は、彼のお詫びの印だった。

4.私の創造方法
発想が湧くと目を閉じる。抽象的なイメージを組み合わせて形を見つけるためだ。私はすべての仲間と全く異なるやり方を持っている。それは、服は壺(つぼ)であり肉体は壺に入れる水だという考え方だ。水には形がないように、私も胸、ウエスト、腰といった形を完全に無視する。その段階で肉体は不在だ。
 デザインを服に具体化する時、最も重要なのは比率と線である。消費者にとって重要なのは、第一に色だろう。まず青や黄色の模様が目に入り、その次に形を見る。素材は3番目だ。私の創造活動において最初に来るのは形である。次にボリューム感や軽やかさ、柔らかさを表現するための素材であり、色は最後の要素にすぎない。

Wikipediaに情報がありません。
[ 前のページに戻る ]