ジャンクロード・トリシェ とりしぇ じゃんくろーど

金融

掲載時肩書前欧州中央銀行総裁
掲載期間2014/09/01〜2014/09/30
出身地フランス
生年月日1942/12/20
掲載回数
執筆時年齢72 歳
最終学歴
仏国国立行政学院
学歴その他国立政 治学院
入社財務省
配偶者学生結婚
主な仕事ジス大統領補佐、中央銀行、EU統合、欧州中銀、EURO貨幣、07subprime,08leaman,10eurocrisis、
恩師
人脈エミンガ―、シュミット、シラク、バーナン キ、メルケル、竹下、内海、白川、
備考
論評

仏国でこの「履歴書」に登場したのは、ピエール・カルダン(デザイナー)、ルイ・シュバイツアー(ルノー元社長:日産ゴーン社長の抜擢者)と彼の3人である。彼は1942年(昭和17)生まれだから、ルイ・シュバイツアーと同じ年齢であるし、経歴も似ている。すなわち、エリート養成学校であるパリ政治学院と国立行政学院(ENA)の両校を卒業後、優秀な成績だったため、45年(1970)財務省の財務監督官になる。ENAの卒業者は大統領や首相、高級官僚を多く輩出しているが、在学中の成績順に就職が決まるため、在学中の学生は必死で勉強するという。
彼は、フランスのジスカールデスタン大統領補佐官から仏財務省の官房長、国庫局長、仏国中央銀行総裁、そして欧州中央銀行の総裁に就任する。その後、07年のサブプライム、08年のリーマン、そして10年から12年まで続いたユーロ圏の債務危機と3つの欧州金融危機を金融のトップとして乗り切った。しかし、この3つの危機の舞台裏は薄氷を踏むものだったと詳細に述べてくれている。特に第二幕のリーマン・ブラザースの破綻は米国から欧州経済への悪影響が大きく、連携プレーの交渉は各国の国家利益とのぶつかりで難航を極めたと書かれていた。それでも事件発生3日後には、1929年に発生した世界金融の大恐慌を防ぐために、欧州6主要銀行が協調して通貨スワップでドルの流動性資金を無制限に供給すると発表することができ、危機を乗り切った。いやぁー、すごい人物でした。私と同じ年齢なのに、はるか天上におられる人であった。

[ 前のページに戻る ]