ゴードン・ムーア むーあ ごーどん

精密

掲載時肩書インテル会長
掲載期間1995/02/01〜1995/02/28
出身地アメリカ合衆国カリフォルニア州
生年月日1929/01/03
掲載回数27 回
執筆時年齢66 歳
最終学歴
米国カリフォルニア・バークレー校
学歴その他サンノゼ大
入社ジョンズ ホプキンズ大
配偶者大学1年 上
主な仕事ショクレー半導体、8人共同経営、IC発明、ロバート・ノイスとインテル、DRAM、MPU,半導体工業委員長
恩師ウイリアム・ショクレー、アーサー・ロック
人脈ウイリアム・ショクレー(トランジスタ)、アーサー・ロック、フェアチャイルド、ジーン・ホーニー、アンドリュー・グローブ、ビル・ゲイツ
備考シリコンバ レー育成, 父:保安官代理
論評

1929年1月3日 – )は米国生まれ。Intel Corporation(インテル)の設立者の一人である。1956年、ウィリアム・ショックレー博士に誘われてショックレー半導体研究所に入社。ここで盟友ロバート・ノイスに出会う。だが博士との折り合いの悪さから8人の仲間とともに同社を退社することになる。起業家アーサー・ロックの支援により、ムーアは仲間とともに1957年にフェアチャイルドセミコンダクターを設立した。1961年にはICの大量生産に乗り出し、60年代半ばには世界最大の半導体メーカーとなった。1965年に、彼の唱えた「ムーアの法則」は、半導体産業のガイドライン的な役割を果たすようになる。ムーアは外国人として2番目に「私の履歴書」に登場した人物である。

1.8人の裏切り者になる
トランジスタの発明でノーベル賞を受賞したショックレー博士は研究者としては天才だったが、管理者や企業経営者としての能力には疑問符が付いた。博士はとにかく事業の成功欲に取りつかれていた。何か思いつくとそれをやらせるために次々と我々に新たな研究テーマを与えたり、担当分野を入れ替えたりした。会社を作ってから半年間で、博士と若手研究者との間に緊張関係が芽生え、さらに相互不信に発展した。
 ロバート・ノイス氏と私、そして同じような考えを持っていた6人の研究者は何度も議論を重ね、いつしか8人のグループが出来ていた。我々は、博士の恩師でスポンサーでもあるベックマン氏に会い問題を訴えた。我々は博士にスタンフォード大学に教授として戻ってもらい、会社に対しては技術顧問のような形で助言を貰えればと考えていた。博士ならスタンフォードが受け入れてくれるのは間違いない。しかし、ベックマン氏もノーベル賞受賞者をクビにするようなことはできず、結局この話は実現しなかった。1957年初夏、我々8人はショックレー半導体研究所を去ることになったが、後に「8人の裏切り者」と呼ばれることになる。

2.失敗の教訓
我々8人はシャーマン・フェアチャイルド氏に出資を求め、1957年10月に新会社を設立した。8人は揃って30代前半で若く、希望に燃えて研究に没頭した。約1年後、「二重拡散シリコン・トランジスタ」という最初の製品を発売した。するとIBMがその性能を評価して大量に発注してくれたし、政府からの受注にも成功して、極めて好調なスタートを切った。そのため、外部からジェネラルマネージャーを採用し、実質経営者とし、ノイズ氏は研究開発、私が技術・品質分野の責任者となった。ビジネスはプロに任せ、我々は専門分野に全力投球しようという狙いだった。
 しかし、1年後この社長が部下を引き連れて会社を辞め、自分の会社を作ったのだ。おまけにこの新製品に関する設計書や詳細な技術資料も一緒に持ち出し、私のすぐ下の部下も引き抜かれた。このいう企業が何十と独立し、シリコンバレーが形成されて行ったのだった。我々は当然彼らが機密資料を持ち出したことを訴えたが、裁判では決着がつかなかった。それよりも、技術開発を進めて持ち出された技術を陳腐化させてしまう方が、手っ取り早い手段だった。退社事件の失敗は貴重な今後の教訓となったのだった。

3.日米半導体協定
1984年後半から半導体不況に、日本企業は価格攻勢に出た。日本企業の行動で我々がどうしても我慢できなかったのは、度を越したダンピングだった。日本企業のダンピングについては、やむを得ない事情があったことも分かる。インテルが従業員の三分の一を解雇したように、米国は不況になると生産能力を削減する。ところが終身雇用の日本ではこうはいかない。となれば当然販売攻勢をかけてくる。当時の日本が「シェア至上主義」を掲げていたこともこれに拍車をかけた。しかし、ダンピングの正当化も認められない。
 86年9月に日米半導体摩擦は「半導体協定」を生みだした。①日本企業のダンピングをやめさせる、②日本市場をさらに開放する・・の2本柱だった。第3国市場でのダンピングも禁じたことは、半導体の国際性を認識した画期的内容だった。

魚釣りを楽しむゴードン・ムーア(2005年ごろ)

ゴードン・ムーア(Gordon E. Moore, 1929年1月3日 - )は、Intel Corporation(インテル)の設立者の一人であり、現名誉会長である(2005年現在)。

[ 前のページに戻る ]