カルロス・ゴーン ゴーン かるろす

輸送用機器・手段

掲載時肩書日産自動車社長
掲載期間2017/01/01〜2017/01/31
出身地ブラジル
生年月日1954/03/09
掲載回数
執筆時年齢63 歳
最終学歴
仏国パリ国立高等鉱業学校
学歴その他レバノン高
入社ミシュラン
配偶者
主な仕事ルノー、日産、再生プラン、中国、ロシア、ダイムラー、
恩師ルイシュバイツアー
人脈ミシュラン会長、塙、プーチン、
備考
論評

氏は、日産系でこの「履歴書」に登場した鮎川義介、川又克二、石原 俊に次いで4人目である。因みにトヨタは5人。氏はブラジルで生まれ、幼少期レバノンで過ごし、大学はフランス、米国でも長く生活している。民族・文化の違った多様性の中で育ってきた。仏国の上位の大学、いわゆるグランゼコールは旧仏領の国や地域から精鋭を集める機関であり、旧植民地出身でも社会的階層を駆け上がれる機会を用意しているのだった。氏は、多くの大統領や高級官僚を輩出しているエコール・ポリテクニーク(国立行政学院:ENA)を卒業した。
私がびっくりしたのは、1998年に氏が日本に来て「日産リバイバルプラン:NRP」を発表した時だった。3年で20%コスト削減、売上高営業利益率4.5%、有利子負債2兆円を7千億円に減らす計画を掲げ、これが達成できない場合、社長(COO)を辞任すると言明した。この数字目標は希望ではなくコミットメント(公約・誓約)だと。当時日本の経営者で「計画達成に経営責任を負う」という人はいなかったからだ。それで氏の行動を注目していたが1年前倒しで見事に達成した。

氏は、2006年3月ルノー会長のルイ・シュバイツアー(2005年10月「履歴書」登場)の後任となり、日産と兼務のトップになる。それ以後の氏の行動スケジュールは、月の第1週をルノー、第3週を日産の経営にさき、その間の移動に合わせて米国、中国、ロシア、南米など第三国に出張するものだった。氏がルノーと日産とはアライアンス(提携)であって、M&A(合併か買収)の関係ではないと強調する。提携とは、2つの企業が独立を守りつつ、部品調達や技術開発では一つの企業のように力を合わせることだ。これが両社が18年かけて発明した独自の形態であると。
氏が最後にリーダーの条件を示している。
1.結果を出せる人。トップはどんなに厳しい条件でも常に結果を出さなくてならない。
2.リーダーは人々とつながる能力を身につけないといけない。固苦しい、冷たい印象を持たれては、部下たちの働く意欲も損なわれる。
3.新しいことを常に学ぶ姿勢だ。無公害車や自動運転、IoT技術の進歩が著しい。新しい技術や動きに精通し、行動しなければならない。と説く。
グローバル化の現在、このようなダイバシティ(多様性)を持つ人材を企業は求めているのだと実感したのだった。

カルロス・ゴーン
Carlos Ghosn
Carlos Ghosn 2010.jpg
2010年撮影
生誕 (1954-03-09) 1954年3月9日(67歳)
ブラジルの旗 ブラジルポルト・ヴェーリョ
住居レバノンの旗 レバノン
国籍ブラジルの旗 ブラジル
フランスの旗 フランス
レバノンの旗 レバノン
別名コストキラー、ミスター調整
民族レバノン人
出身校コレージュ・ドゥ・ノートルダム・ドゥ・ジャンブール
エコール・ポリテクニーク(1974年卒業)
パリ国立高等鉱業学校(1978年卒業)
職業実業家
著名な実績日産自動車会長
三菱自動車工業会長
ルノー取締役会長兼CEO (PDG)
活動拠点レバノンの旗 レバノン
給料10億9800万円(2016年度)[1]
(過少申告の疑いで捜査中)
宗教キリスト教マロン派
栄誉レジョンドヌール勲章(シュヴァリエ)
藍綬褒章
大英帝国勲章(ナイト・コマンダー)
日本自動車殿堂殿堂者

カルロス・ゴーン(Carlos Ghosn、1954年3月9日 - )は、ブラジル出身の実業家

2004年に藍綬褒章を受章[2][3]ルノー日産自動車三菱自動車工業株式相互保有を含む戦略的パートナーシップを統括する「ルノー・日産・三菱アライアンス」の社長最高経営責任者(CEO)を務めていたが、2018年11月、東京地検特捜部金融商品取引法違反の容疑で逮捕され、その後解任された。2019年12月にレバノンに亡命している。

  1. ^ 日産ゴーン会長、2016年度の報酬は10億9800万円…2700万円アップ レスポンス 2017年6月27日
  2. ^ 日本経済新聞(2018年11月24日)「名誉博士・褒章・ワイン…ゴーン元会長逮捕で困惑
  3. ^ response.jp(2004年5月18日) 【新聞ウォッチ】褒章受章の日産ゴーン社長、天皇陛下に日本語で謝辞
[ 前のページに戻る ]