杉道助 すぎ みちすけ

繊維

掲載時肩書大阪商工会議所会頭
掲載期間1956/06/06〜1956/06/12
出身地山口県
生年月日1884/02/20
掲載回数7 回
執筆時年齢72 歳
最終学歴
慶應大学
学歴その他萩中
入社久原鉱業 (日立)
配偶者八木幸吉 参議員姉
主な仕事浪速紡績・大阪商工会議所会頭 ・ジェトロ理事長
恩師武藤山治 仲人
人脈小林一三・津田信吾
備考松蔭の実兄 杉民治の孫
すぎ みちすけ
杉 道助
Michisuke Sugi.jpg
1961年
生誕1884年2月20日
山口県山口市
死没 (1964-12-14) 1964年12月14日(80歳没)
大阪府
国籍日本の旗 日本
出身校慶應義塾大学理財科
職業大阪商工会議所会頭
日本商工会議所副会頭
日本貿易振興機構理事長
団体八木商店社長
受賞正三位
勲一等瑞宝章
藍綬褒章

杉 道助(すぎ みちすけ、1884年明治17年)2月20日 - 1964年昭和39年)12月14日)は、日本の実業家第二次世界大戦後における大阪関西財界の代表者。曽祖父は吉田松陰の父である杉常道、祖父は松陰の兄の杉民治

八木商店社長となり、大阪商工会議所会頭を23年間務め、日本商工会議所副会頭、新日本放送(現・MBSメディアホールディングス)社長、海外市場調査会(現・日本貿易振興機構(略称:JETRO(ジェトロ)を設立後、理事長となる。鳩山一郎内閣において日ソ交渉全権顧問、日韓会談首席代表として政界にも関与した。 位階は正三位、勲等は勲一等

[ 前のページに戻る ]