原安三郎 はらやす さぶろう

化学

掲載時肩書日本化薬社長
掲載期間1956/03/08〜1956/03/20
出身地徳島県
生年月日1884/03/01
掲載回数13 回
執筆時年齢72 歳
最終学歴
早稲田大学
学歴その他早稲田
入社薬丸金山 栃木
配偶者
主な仕事日本硫黄、日本化薬、金港堂再建
恩師山本条太郎
人脈山下亀三郎(山下汽船)
備考
1955年

原 安三郎(はら やすさぶろう、1884年明治17年)3月10日 - 1982年昭和57年)10月21日)は日本実業家日本化薬会長、東洋火災海上保険株式会社(現・セコム損害保険)初代会長、日本化学工業協会会長、政府税制調査会会長などを歴任し、日本財界の重鎮として活躍した。徳島県徳島市生まれ。生家は江戸時代蜂須賀家家臣。徳島市名誉市民。

[ 前のページに戻る ]