美女と才女
京マチ子  
女優
生年月日1924年3月25日

1936年(昭和11年)、大阪松竹少女歌劇団(OSSK)に入団。娘役スターとして活躍[1]。1949年(昭和24年)に大映に入社、女優デビューした。後輩の若尾文子、山本富士子と共に大映の看板女優として大活躍した。160cmと当時としては大柄であり、官能的な肉体美を武器に数々の名作に出演した[1]。
溝口健二監督作品『雨月物語』(1953年)、黒澤明監督作品『羅生門』(1950年)、衣笠貞之助監督作品『地獄門』(1953年)など、海外の映画祭で主演作が次々と受賞し「グランプリ女優」と呼ばれる。

映画:『羅生門』/ 『地獄門』 『雨月物語』 /『源氏物語』 『千姫』 /『女の勲章』『甘い汗』/『偽れる盛装』
『鍵』/『夜の蝶』 『八月十五夜の茶屋』 /『華麗なる一族』

テレビドラマ:『必殺仕舞人』/『新・必殺仕舞人』『家路〜ママ・ドント・クライ』『かあさん堂々』/『花の乱』

きょう まちこ
京 マチ子
京 マチ子
本名 矢野 元子(やの もとこ)
生年月日 (1924-03-25) 1924年3月25日
没年月日 (2019-05-12) 2019年5月12日(95歳没)
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市港区八幡屋
死没地 日本の旗 日本東京都
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1949年 - 2019年
活動内容 1949年:女優デビュー
1950年:『羅生門
1951年:『源氏物語
1953年:『地獄門
1954年:『千姫
1964年:『甘い汗
1974年:『華麗なる一族
1981年:『必殺仕舞人
1987年紫綬褒章
1994年勲四等宝冠章
配偶者 なし
主な作品
映画
羅生門』/『地獄門
雨月物語』/『源氏物語
千姫』/『女の勲章
『甘い汗』/『偽れる盛装』
』/『夜の蝶
『八月十五夜の茶屋 The Teahouse of the August Moon』/『華麗なる一族
テレビドラマ
必殺仕舞人』/『新・必殺仕舞人
家路〜ママ・ドント・クライ
かあさん堂々』/『花の乱
テンプレートを表示

京 マチ子(きょう マチこ、1924年大正13年)3月25日[1] - 2019年令和元年)5月12日[2])は、日本女優である。本名、矢野 元子(やの もとこ)[3]大阪府大阪市出身[4]

  1. ^ 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.34.
  2. ^ 女優の京マチ子さん死去 95歳”. Sponichi Annex. スポーツニッポン (2019年5月14日). 2019年5月14日閲覧。
  3. ^ 京マチ子さんが死去 95歳 「痴人の愛」「羅生門」”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2019年5月14日). 2019年9月4日閲覧。
  4. ^ 女優の京マチ子さん死去 95歳 「羅生門」「雨月物語」グランプリ女優”. 産経ニュース . 産経新聞社 (2019年5月14日). 2019年9月4日閲覧。
[ 前のページに戻る ]